他力で生きている   バイク屋の女

四国~広島ツーリング その4

今日は朝からよく晴れてます。

こちらのホテルは無料の朝食が付いています。無料となればなおさら美味しい。






しっかり食べてスタートです。なんたって昨夜のダダコネ二次会のおかげで、昼食の時間も場所も行き当たりバッタリになってますからね。



まずはトラブラーさんオススメ(書き忘れてましたが、北九州に来る前は愛媛勤務でした。)の

来島海峡展望館へと走ります。






瀬戸内海の島々がぼんやり浮かんで絵画のようですね。


さあ、初めての「しまなみ海道」を渡り始めますよ。



とはいえバイクなので、途中のいろんな橋の形や風景を写真に残すのは面倒。目に焼き付けておきます。



さてと、いくらなんでもさーっと渡ってしまうだけでは惜しいので、これまたトラブラーさんオススメの、耕三寺見学へ。

生口島に入り、少し走ると看板がありました。そちらに曲がると、「耕三寺駐車場」というのが見えたのでまだほとんど車もいない中、停車しました。
すると、駐車場の係の人に隅っこに停めるように言われて、見ると有料!200円だそうです。



ぼちぼち耕三寺まで歩きました。


おおっと、







極彩色の門! 鮮やかですね。







中に入ってみますと、







なかなか広大なお寺です。これは1時間程度でチャチャっと見るようなかんじではないね。


ってことで拝観あきらめます。けっして1400円の入館料にびびったわけではありません。



その代わり、お隣の「平山郁夫美術館」のほうに向かいます。私としてはこちらも見たかったのでよかった。











天才画家というのは子供の頃からぜんぜん描くものが違うね。幼少よりの作品が多く展示してあるので、よーくわかりました。

原爆で被爆されたことで







仏教伝来を描くシルクロードシリーズに繋がったようです。



見終わって外に出ますと、すぐそばに耕三寺の広い無料駐車場がっ! なんてこった。200円も払って狭いナナメった場所に停めさせられたのに。いっぱい空いてますよ。



虚しさに襲われて 、その空白を埋めるべく


絵画を描く天才と違って








アップルパイをほおばるロンアゴさん。 耕三寺の前のお菓子屋さんにて購入。


しまなみ海道を全て渡って、尾道に出ました。去年尾道観光はしましたので、そのまま広島の山中に向かいます。


車も少なく 、快走。


景色のよい牧歌的な世羅高原というところを走ります。この辺りで昼食にしないと、あとはしばらく食べるところが無いらしい。

で、ロンアゴさんの勘が働いたというこちら









「せら香遊ランド」のレストラン クチーナヴェルデに入りました。



入り口で食券を買って長テーブルに座るというそっけない作りながら、








メニューのほうはなかなかどうして、美味しそうですよ。



私は






瀬戸内六穀豚のロースかつ定食という新人アナウンサー泣かせの一品。






デミトマカツ丼もトマトが効いてて美味しそうです。



そんな中、何故







尾道ラーメンをチョイス?なトラブラーさん、岡山在住でありながら。


さすがに本場とはくらべるまでもなく、だったらしいです。次回は尾道で食べたいですね。



トラブラーさんは、この後少し一緒に走ってから岡山へと向かいました。私たちはひたすら山の中をワインディングざんまい。天気も良いし最高です。


山口県に入り、道の駅「ピュアラインにしき」で休憩。








ここですでに4時です。このままではまずい。ってか薄々わかってましたが、夜遅い帰りになってしまいます。


そこで、いつもの楽しいルートは走ってからの、小郡から高速で帰宅。最近多いパターンではありますが、なんとか明日からの仕事に響かない時間に帰れましたよ。


ETCバンザイ!












そ、そうでしたー。止まらないとタダみたいな気持ちになっちゃうね。






スポンサーサイト
  1. 2017/10/13(金) 13:31:52|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四国~広島ツーリング その3

ビンゴツーリングで、ポイントゲット失敗という衝撃もさめやらぬまま、一路今治を目指して走ります。


ロンアゴさんの取ったルートはひたすら山の中のワインディングをつなぐ楽しいルートですが、いかんせんミセスロデオが、朝の荒馬乗りがひびいてちょっとペースが遅い。ってか普通走るのもやっとの体験ですけどね。


んで、試しに






休憩した道の駅「633美の里」(読めます? ムササビですよ。)にて、
「このままだと、居酒屋さんの予約がギリギリになるかも。美味しいお店なんだけどね~。」
と話しかけてみましたよ。

するとどうでしょう! その後のミセスロデオの走りはまさに神がかってますよ。

智ディ夫婦の食べ物に対する執念おそるべし。


おかげでもっと楽しく走っているうちに、下界へ。西条から今治へと入ります。


なんとか6時30分くらいにはホテルポートサイド今治に到着しました。

後追いの毒マグロさんは、早く着いて散策していた模様。







バイクを通路に停めさせて頂けるのはありがたい。その他いろいろ親切でいいホテルでしたよ。





さっさと荷物を片付けて、本日の宴会へと向かいます。









ライトアップされた今治城のすぐ横に建つ






「炉満亭」さん。ホテルから歩いて5分です。

個室を予約していましたので、気兼ねなく談笑!ロデオの話を毒マグロさんに再現しました。





待望の今治名物 焼き鳥 (鶏皮を鉄板で焼いたもの)や




せんざんき(唐揚げよりもサッパリしてる。)など





けっこう目一杯美味しいものを食べて、一人4000円くらいでした。満足~。


宴会終了と思いきや、トラブラーさんが部屋で二次会をすると言って聞きません。や、明日の下調べもあるしと断るも、
「リアボックスいっぱいのお菓子を出してしまわないと困る。みんなで食べるんだーっ。」
とダダをこねる47才。

11時までの約束で山盛りのお菓子をつまみながら、二次会。余った分はありがたくみんなでいただきました。


つづく










  1. 2017/10/12(木) 13:54:22|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四国~広島ツーリング その2

初めての土地、高知県に入り土佐方面へ。

時折、川に沿って走るとその水のきれいなことに驚きますね。



途中、道の駅「虹の森公園まつの」で休憩。高知に入って思ったのが、コンビニがメチャ少ないのに比べて道の駅が多いなと。ある場所では3kmの距離で建ってました。


そして、私の人生において初の四万十川! ああ、その甘美な響き。


若い頃四万十川がブームってか、日本一の清流ってどんな川だろうかと思って憧れてたのでね。


さらに、沈下橋がセット売りです。これが無くちゃいけません。




今回ロンアゴさんが選んだのは「勝間沈下橋」です。







橋桁が3本っていうところが珍しいそうです。きれいですよね。







短足度比べで、座ってみた。






ちょっとのんびりし過ぎたので、先を急ぎます。四国のどこかをトラブラーさんが出逢いを求めて走ってますのでね。ラインで居場所を伝えながらの変則待ち合わせです。




で、







あっさり出会ってしまいましたー。





道の駅ビオスおおがたです。こちらのひなたやさんで昼食予定。






土佐ですからね。やっぱりカツオですかね?と思いきやロンアゴさんは









うどんですか?


んなワケない的なくだりはもういいですか?







カツオの塩たたき御膳。塩っていうのが新鮮。

智ディさんも





二種のタタキ御膳。切り身が分厚いしでっかいです。智ディさんの身体にも見劣りなし。


それぞれ満足満腹になって、この後眠くなるのが必至ですよ。



ところがこの直後、眠気も吹っ飛ぶ衝撃の告白がロンアゴさんより発せられました!


今回のツーリングは、智ディ夫婦がビンゴポイントの香川の「ゴールドタワー」をゲットするために企画されたのですが、なななんと、

「時間が無くなったので、ゴールドタワーを諦めてまっすぐ今治に向かう。」

えーーーーーっ。フェリーまで使ってはるばる来たのに、どゆこと?

「だって、ミセスロデオのせいで時間がかかったんだもん。」

や、「ち、が、う、だろー?」 COCO'Sのモーニングバイキングだろー?


とにかく哀れ智ディ夫婦、ビンゴゲットならず。


つづく











  1. 2017/10/11(水) 13:59:01|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四国~広島ツーリング その1

ビンゴポイント獲得ツーリングで、初のフェリー宿泊ツーリングを計画しましたよ。

智ディベアさんとミセスタオル夫婦 、タイヤ減らし君と、






松山-小倉フェリーに乗り込みました。

目が覚めたら四国。なんてお手軽な手段ざましょ。


二等寝台室8人部屋を5人で貸切にしてもらえました。寝台はこんな感じ。




ロンアゴさんは早速





寝る前に、門司港を通り過ぎるのを見物するため甲板へ。








関門橋の下をくぐるまで見物して、就寝です。明日は5時に松山着ですからね。




翌朝、四国に降り立ちました! 先ずは松山市内で朝ご飯。COCO'Sのモーニングバイキングを食べるのに
6時まで時間をつぶすという誤算、




その上





おかわりする人続出という誤算によって、大幅に出遅れました。




急いで四国カルストを目指し、ひた走ります。


どんどん高度が上がるにつれ 、小雨が降り出しました。慌ててレインスーツを着込みます。昨日の雨がまだ去り切ってないのかな?


せっかくの四国カルストも、姫鶴平あたりはもう霧でまさに五里霧中。晴れてたらどれだけいい景色なのか、時々チラッと見えるカルスト台地の広さが物語っておりますよ。


しっかし松山側からの道、狭い上に台風の後なので汚いです。かなり怖い。これがメインルートとはね。






ようやく休憩予定の天狗荘の駐車場に入ります。






入りましたが、先頭2台のみ。ロンアゴさんが「後ろはどうした?」と聞きます。駐車場の入り口までいたのは確認してたのでガバッと振り返ると、ミセスタオルさんのNC750Sが入り口で何故か反対向いて倒れておるのですよ!!!


えーーーー、何があった⁉️


駆けつけると、天狗荘の土手を登るタイヤ痕とすでに起こされたバイク。

どうやら駐車場 の角を曲がり切れず 土手を走って降りて 、さらに左右にブワンブワンと振り回し、ちょうど来た方を向いてドカっと転けたらしいです。


凄すぎるぞ、ミセスタオル!

まるで暴れ馬を乗りこなすカウボーイのようだったと、タイヤ減らし君。






白鳥の王子もアフリカツインでこのくらいやってほしいもんだ。


幸い軽い打ち身で済み、バイクも






ステップが曲がる、ウインカーレンズが割れるなどありましたが走るのには支障がない様子。


そのせいか
智ディベアさんは嫁の心配どころか、ロデオマシンみたいやったとか笑っております。ミセスタオルもうっかり笑ってしまう有様。

ただし、キズのついたヘルメットをしっかり見せて、買っていいよと言わせるあたりはしたたかですね、嫁も。昨夜、うっかりかわざとか落っことした時は無視されたので、念には念を入れて転けたのかも。


そんなこんなではありますが、







この辺りから急速にお天気回復。ツーリング日和になってきました。


続いて高知県に入り、四万十川を目指します。


インカムで、そろそろミセスタオルのブログネームを変えようという話になり、こうなったらもう、

「ミセスロデオ」しかなかろうと。

ロンアゴさん爆笑しながら、「どっかで聞いたような?」













あー、それだっ。



つづく



















  1. 2017/10/02(月) 22:50:56|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サマーキャンプ 2017 その2

「食のオリンピック」は良いけれど、動かずに口ばっかりパクパクしてましたので、不安なのは夜の焼肉です。すぐにお腹いっぱいになったら困るなあ。


今回、高齢キャンプということもあってかなりお高い牛肉を買ってきましたからね。量より質のお年頃ですよ。



けれども、始まる前に居眠り入ったりするお年頃。悲しい。





準備が済んで焼き始めました、良いお肉。







変な顔も焼いております。ポテトらしいです。





話が弾んだのは、ボッチさんが偶然知ったキャンプ場近くのトンネルに出る幽霊の話。

かなり有名で、「おっさんが手招きするのでついていくとダム湖に落とされる」というもの。

髪の長い美女ならともかく、おっさんにはついて行かん。とか、いや、おっさんの幽霊は可愛いので宴会に呼ぶとか、幽霊も選ぶよとか。


しかし悲しいかな高齢キャンプ、いろいろ食べ過ぎて焼肉はなかなか弾まない。









昔は、子供の肉まで取り上げていた食奉行さんさえも





食べ疲れております。




一人元気なおかみ一刀さんの

「全部食べるまで寝かせないよっ。」の叱責に怯えるメンバー。

そして一人抜け二人抜け、私もそーっとケビンに戻り眠ってしまいました。


しかーし、その後です。片付けを終えて灯りを消したボッチさん、トラブラーさん、おかみ一刀さん、ゾンビよろしく蘇った食奉行さんが見たものは、


おっさんの幽霊


ではなく








満天の星空!!






天の川みたいなのもはっきり見えますね。







えーい、寝るんじゃなかった。



翌朝、昨夜残ったお肉やウインナーをフライパンで焼いて、朝食。






今日はいいお天気です。






準備して出発。



ワインディングを楽しんで、益田へ。






不思議な建物に到着。壁一面石州瓦で覆われていますよ。






島根県立石見美術館です。


有名な建築家の設計だそうで






いわゆるパティオ的な中庭まであります。


今日はこちらの特別展、




美人画を見ようとやって来ました。



なかなか見ごたえ有りましたよ。点数も多く、ゆっくり見てたら昼食の予約に遅れそうになりました。



美術館から数分の「天心」さん。中華料理です。



朝からお肉食べたのに、さらに
















油まみれになる中高年のメンバー。これは新手の暗殺なのか?



もう後は居眠りするしかないような満腹の状態で、出発。トラブラーさんはここから一人岡山へ。依頼者はいつも迷惑かけている妹さんとみた。


この後は定番の気持ちいいワインディングをひたすら走り、萩市のハピネスふくえ、豊田の蛍街道 酉の市などで休憩しながら帰着。



暗殺計画は失敗して、無事でした。しかし食べ過ぎはゆっくりとジャブのようにあとで効いてくるかも。


みなさんお気をつけて。






















  1. 2017/09/07(木) 14:25:43|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ころぬあんこ

Author:ころぬあんこ
弟と母と三人でバイク屋をやってます。
夫やお店のお客さんとのツーリングは、趣味と仕事の両方を兼ねて。お客さんには、妙な人がいっぱいいらっしゃるので、退屈しません。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (49)
ツーリングレポート (118)
バイク屋のこと (405)
家庭のこと (48)
主バカ ニャンコのこと (12)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

シンプルアーカイブ