他力で生きている   バイク屋の女

海が見たいの。 で、佐伯へツーリング

14日はロンアゴさんが「海が見たいの。」とうつむくので、

きれいな海が見れて、比較的混まない場所と言えば大分県の端っこ、佐伯方面ですね。



実は私が久し振りにカメラを買っちゃったのですよ。





前から気になってたCANONのミラーレス EOS M5。ファインダーが老眼に優しい、ちっちゃな一眼です。


となると、ちょっと試したいですからね。「海とバイクが撮りたいの。」


まずは、やっぱりビンゴポイントを一つ確保してからね。ってことで10号を下り、途中から宇佐別府道路でいいのかな?無料区間を使って安心院~別府へと走りました。


ビンゴポイントの別府タワー到着。隣りにあるセブンイレブンへ停めて、








写真を撮ればゆっくり写せます。これはトイカメラ風フィルターを使ってみました。

セブンイレブンの主張がすごいが、停めさせてもらってるので。



で、ようやくの朝パンをかじっていると、ガチャンという音がしました。振り向くと信号待ちの車の後ろでバイクが転ぶところを目撃。

慌てて駆け寄ると、初老の男性が倒れてます。すぐに歩道に運び、意識と怪我確認。
意識は大丈夫ですが、肩から血が出てて、打ち身か骨折かわからないので、他に助けに来てくれた人と救急車を呼び 、ロンアゴさんは大型のアメリカンバイクを押して、近くのビルの駐車場に預けました。


どうやら、信号が黄色で急停車した車の後ろにトラック、その後ろにバイク。で、バイクはロックして転んだようです。トラックの箱で信号が見えないのは良くあるからね~。気を付けようっと。


20分くらいロスしちゃった。長距離なので朝パンを流し込み出発。


一泊ツーリングの走り足りなさを取り戻すかのように、山の中のワインディングを快走。

ほとんど車に会わず、走り放題です。世間はゴールデンウィーク疲れでお休み中なのか?



豊後大野から、あっという間に佐伯の道の駅やよいに到着です。









10時30分なので、おやつタイムかなっと。





人生の岐路に立ったくらい真剣に選ぶロンアゴさん。

結果、私は プレミアムソフト。







ロンアゴさんは





やよい焼き。 たこ焼きに目玉焼きをはさんだみたいな感じ。らしいっすよ。



で、物産館をのぞくと、お弁当コーナーに作りたてが並んでます。ロンアゴさんの思いつきで、お天気もいいし、ピクニックにしようと。



お弁当を買い込み、出発。



広い番匠川沿いを下り、程なく海岸線へ。

ここからが楽しいシーサイドランです。車は少なく、道幅もそこそこある道が延々とカーブして続く。
小さな漁村をいくつも繋ぐ感じですね。釣り人は多し。


で、いつのまにか高度を上げて行き、目的地の鶴御崎に到着しました。

下の駐車場にバイクを置いて登っていくと










こういう景色が広がっていまして、その先に







白い灯台が建ってます。


ロマンティックが止まらなくなるのか、






ここにも「恐ろしい永遠の誓い」が。



んで、枯山水夫婦も景色を見ながら










ピクニックとシャレこみました。


つづく

















スポンサーサイト
  1. 2017/05/23(火) 14:50:11|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軍艦島上陸! 春の一泊ツーリング その4

さあ走りますよっと言ったものの、わずか3分くらいで着いてしまう






軍艦島資料館を見学です。


入り口には、私たちおばさんに撒き餌をするように






福山雅治さんの写真と撮影時にかぶったヘルメットが。


館内の写真は撮れませんが、当時の貴重な炭鉱の歴史や暮らしの写真がたくさん。

特に、私の中では「きれいな洋館に住んでた人」なグラバーさんが、炭鉱に深い関わりがあったという
資料もあり、炭鉱事業が存外に難しいものだったのも知りました。

15分くらいのビデオ上映も有りました。




あと、入り口の記念スタンプが、ゴツい。





さてこれで、イベントは終了です。


一路、北九州へと走るのみです。たぶん車が多いルートなのでしんどいですが。




案の定、渋滞する長崎に苦戦しつつようやく脱出。諫早市の「干拓の里」という物産館にて休憩。





12時過ぎてて空腹でしたが、アイスクリームだけで我慢。何故なら昼食は「新福源」だから。




渋滞でかなり遅れて、13時30分に鹿島市の「新福源」さん到着。

奥の座敷を用意してくれてます。




去年の佐賀ツーリングでも訪れた台湾料理のお店ですが、こちらの定食がすごい。

普通に多めのご飯が付いているのに、フルサイズの台湾ラーメンがセットされてますから。

胃の小さい私は食べたいけど悩ましい。みんなもかなり考えて注文してます。なんせまだ去年のしくじりなのでね。えらい事になるのは記憶してますよ。


そんな中、今回家庭の事情で参加できず、この昼食時間から合流の喪中王子さん、








ふくよか目な人がついやってしまうチョイス、麻婆丼定食。炭水化物&炭水化物ですよ。



なので私も、去年のしくじり先生なのにのど元過ぎれば









ラーメン定食! 天津飯とラーメン。さらに唐揚げ付き。炭水化物のデュエットで、ダイエットの終焉を迎えましたね。



で、私の中ではもっともダメじゃんなメニュー「油淋鶏定食」を





TAKUちゃんが食べてる! いいのか? 鳥唐揚げまみれですぞ。



マンプクプクなお腹でバイクはけっこうキツイ。

ふうふう言いつつ1時間ほど走って、神埼のセブンイレブンで休憩。4時過ぎです。





やはりちょうど30分遅れですね。


ここからは筑前~冷水道路で桂川町。そしておすぎだったかピーコだったかが観光大使の嘉麻市(かまし)へ。


この間、ようやく峠らしいところを快走できたのですが、キレンコさんの走りがいつもよりずっと速い。

不思議に思ってましたら、休憩場所が嘉麻市の「道の駅 うすい」。



こちらには







美味しいケーキ屋さんがあるのですね。



バイクを駐車した途端、一直線にケーキ屋に走るTAKUちゃん&キレンコ夫婦。
素晴らしいまさに「あうん」の呼吸。ロンアゴ家も見習わなくては。


って事で、こちらが最後の休憩場所となります。


ながれ解散なので、皆さん口ぐちに挨拶など交わし、一路北九州へ。

今回も全員無事に帰り着きましたね。


走りのほうはかなり我慢のツーリングでしたが、目的の軍艦島上陸が上々の首尾でしたので良しとしよう、と勝手に思ってます。


皆さんお疲れ様でした。6月の第二のオートバイ神社参拝は、真逆の走り優先ツーリングです。
参加よろしくお願いします。






















  1. 2017/05/16(火) 15:39:27|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

軍艦島上陸! 春の一泊ツーリング その3

夕食は宴会場で用意してくださるというので、行ってみると






入り口の案内が、わかりますか?

ナカタが、タナカになってますよ!

誰だかが、「そういえば社長がタナカみたいな顏しとるもんね。」と。や、それって誰をディスってるのかね? ボッチさんなのか全国のタナカさんなのか。


で、宴会場ですよ。これが遊ボッチ史上最大の広さで、おまけにステージ付き。
スペースめちゃ余って、多少居心地悪し。






むりやりステージ上で挨拶と乾杯の音頭を取らされたボッチさんは




緊張のあまり、





ウケなかった芸人みたいなリアクションに。



料理は懐石料理で




宴会の時間を見つつ、





いろいろなものが出てきました。


宴会が始まって間もなく、ちょうど夕日が沈むので急いで外に出て見ました。

季節が違うのかポスターのように軍艦島に沈むのは見られなかったけど、






きれいな夕日は写真に撮れましたよ。



翌日は、ババアの「なぜか早起き散歩」です。


気になる軍艦島には、なんとこんな早朝から







豪華客船が周囲を回っておりますよ。





その大きさは軍艦島並み。で、なぜかその手前には手漕ぎボートの人。必要か?その比較。



今日もよく晴れてますよ。




二日とも晴れる5月の一泊はいつ以来でしょうか。


ネコも散歩したくなるわね?





ほんとは走り寄った私から逃げてるんですよ。で、取り残された私は、ナンパに失敗した男子っぽく「ちぇっ、ブス猫じゃん。」と捨て台詞を。




朝食は、レストランの方で、







美味しかったですよ~。なぜ旅先ではこんなに和食を食べちゃうのか。日頃はシリアルとかなのに。

答えは人が作ってくれるってとこかな。こんな朝ご飯作ってたら毎日遅刻するからね、私なら。




さて、本日も頑張って走りますよ~。


つづく















  1. 2017/05/15(月) 16:32:25|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軍艦島上陸! 春の一泊ツーリング その2

楽しみにしていた軍艦島に上陸!





廃墟ですよ。





続いて上陸してくるクルーズ船が200人くらいの大海賊なので、私たちはまず先に第2見学広場を攻めるそうで、少し急ぎ足で向かいます。







ガイドの方は、実際にここで働いていたので、建物の説明に加えていろいろ思い出話も。





当時の最先端を行く街。人が消えるとこうなるのか。


一旦、第1見学広場に戻り、炭鉱の仕組みをお勉強。









驚いたのは、「天川」という石灰と赤土を混ぜた技法の明治時代の護岸は





しっかり残っているのに、コンクリートのほうが台風などで壊れてしまったって事。やはり手間ひまかけるのは大事ね。


このあとは、第3見学広場へ。人々の生活していたエリアです。






共同浴場、お祭り、子供達と、







ガイドさんの説明も、懐かしさをにじませたものに。


さて、200人の海賊に襲われないようにそろそろ撤収です。


その前に記念撮影。ガイドさんが撮ってくれますが、

「その青い人、もう少し寄って。」
んん? 青い服はいませんが、そこには緑色のシャツの無人スクーターさんただひとり。
「昔の言い方で、緑はアオだよ。」ってことで爆笑!




けっきょく、無人スクーターに替わるブログ名は「青い人」でいいんじゃね?なんて乱暴な決定されそうな、とんだ災難。


もう、こうなったら「昔の名前で出ています」的に、「ミドリムシ」ですかね?彼の健康も祈念しまして。


200人と狭い路地ですれ違いながらコソコソと桟橋へもどります。


で、一瞬やつらのブラックダイヤモンド号を乗っ取って






ってか、船2隻を並列にしか停められないので、横切ってアイランド号に乗船。


野母崎の桟橋に戻りました。





ホテルにチェックイン。各部屋から





軍艦島を望めるというので、皆さん大喜び。温泉も良かったです。



ではでは 、そろそろ夕食をいただきます!


つづく

  1. 2017/05/12(金) 17:06:32|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軍艦島上陸! 春の一泊ツーリング その1

5月3日 今年も春の一泊ツーリングを企画しました。

なんと、世界遺産 「軍艦島」を見学できちゃうというツーリングです。
海がシケたらアウトなので、なんか去年の球磨川下りが頭をよぎって不安でしたが、見事に五月晴れとなりました。

メンバーも一度は行ってみたかったらしくて、久々の22人という大所帯。
二班にわけても10台以上ですね。


6時30分出発。田川から飯塚へ。無料化で便利になった冷水道路を使って、基山へ。
セブンイレブン養父町店にて最初の休憩です。第一村人君と合流。

次は福富町ゆうあい館という物産館にて休憩。どうやら玉ねぎが特産品らしく、新玉ねぎの季節で、店頭ではかき揚げの試食会をやってます。
思わずネギ嫌い友のトラブラーさんを探すと、お店から遥か遠くで佇んでおりますよ。幸い私は揚げた玉ねぎは大丈夫なエセネギ嫌いらしいので、平気でしたが・・・。

ところが、バイクで走る間も微妙に玉ねぎの匂いが。道沿いが玉ねぎ畑なので、ロンアゴさんと「そのせいかね?」と話した直後、私らの前を走るトラックの積荷に気づきましたよ。
新玉ねぎ満載っ。しかも二台!
トラブラーさんの前だったら、すごい勢いで追い越すね。

12時ちょうどに、本日の昼食をいただく






清香園 久山店さんに到着。事前にメニューをチェックして、細かくオーダーしていますので





注文したものがポンポン届きます。私のは黒毛和牛焼肉定食ね。






ミス教官ココロの俳句。


車が多いので少し心配だった時間が、食事時間の短縮で楽になりました。


そして一路野母崎へ。予定どうり14時30分到着です。本日のお宿「Alega軍艦島」の駐車場にバイクを停めて、




すぐに乗船手続き。




ホテルから手配してもらった軍艦島クルーズ船アイランド号に乗り込みます。





クルーズ船と言っても、ほぼ漁船ですね





適当にそこらに腰掛けます。腰掛けられない人は立ってます。




野母崎から出て上陸まで出来るのはこちらのアイランド号だけです。あとはかなり離れた長崎市内からの大きなクルーズ船が4隻しか島に上がれません。

船着き場のドルフィン桟橋は時間ぎめで交代で使うので、それまで軍艦島の周囲をぐるっと回ってくれます。






おおっ、近づいてきましたよ。





迫力っ!




どどーんと!


そして少し離れて





軍艦島‼︎


さあ、上陸です!





つづく










  1. 2017/05/12(金) 14:53:13|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ころぬあんこ

Author:ころぬあんこ
弟と母と三人でバイク屋をやってます。
夫やお店のお客さんとのツーリングは、趣味と仕事の両方を兼ねて。お客さんには、妙な人がいっぱいいらっしゃるので、退屈しません。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (49)
ツーリングレポート (96)
バイク屋のこと (390)
家庭のこと (48)
主バカ ニャンコのこと (12)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

シンプルアーカイブ