他力で生きている   バイク屋の女

サマーキャンプ 2017 その2

「食のオリンピック」は良いけれど、動かずに口ばっかりパクパクしてましたので、不安なのは夜の焼肉です。すぐにお腹いっぱいになったら困るなあ。


今回、高齢キャンプということもあってかなりお高い牛肉を買ってきましたからね。量より質のお年頃ですよ。



けれども、始まる前に居眠り入ったりするお年頃。悲しい。





準備が済んで焼き始めました、良いお肉。







変な顔も焼いております。ポテトらしいです。





話が弾んだのは、ボッチさんが偶然知ったキャンプ場近くのトンネルに出る幽霊の話。

かなり有名で、「おっさんが手招きするのでついていくとダム湖に落とされる」というもの。

髪の長い美女ならともかく、おっさんにはついて行かん。とか、いや、おっさんの幽霊は可愛いので宴会に呼ぶとか、幽霊も選ぶよとか。


しかし悲しいかな高齢キャンプ、いろいろ食べ過ぎて焼肉はなかなか弾まない。









昔は、子供の肉まで取り上げていた食奉行さんさえも





食べ疲れております。




一人元気なおかみ一刀さんの

「全部食べるまで寝かせないよっ。」の叱責に怯えるメンバー。

そして一人抜け二人抜け、私もそーっとケビンに戻り眠ってしまいました。


しかーし、その後です。片付けを終えて灯りを消したボッチさん、トラブラーさん、おかみ一刀さん、ゾンビよろしく蘇った食奉行さんが見たものは、


おっさんの幽霊


ではなく








満天の星空!!






天の川みたいなのもはっきり見えますね。







えーい、寝るんじゃなかった。



翌朝、昨夜残ったお肉やウインナーをフライパンで焼いて、朝食。






今日はいいお天気です。






準備して出発。



ワインディングを楽しんで、益田へ。






不思議な建物に到着。壁一面石州瓦で覆われていますよ。






島根県立石見美術館です。


有名な建築家の設計だそうで






いわゆるパティオ的な中庭まであります。


今日はこちらの特別展、




美人画を見ようとやって来ました。



なかなか見ごたえ有りましたよ。点数も多く、ゆっくり見てたら昼食の予約に遅れそうになりました。



美術館から数分の「天心」さん。中華料理です。



朝からお肉食べたのに、さらに
















油まみれになる中高年のメンバー。これは新手の暗殺なのか?



もう後は居眠りするしかないような満腹の状態で、出発。トラブラーさんはここから一人岡山へ。依頼者はいつも迷惑かけている妹さんとみた。


この後は定番の気持ちいいワインディングをひたすら走り、萩市のハピネスふくえ、豊田の蛍街道 酉の市などで休憩しながら帰着。



暗殺計画は失敗して、無事でした。しかし食べ過ぎはゆっくりとジャブのようにあとで効いてくるかも。


みなさんお気をつけて。






















スポンサーサイト
  1. 2017/09/07(木) 14:25:43|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サマーキャンプ 2017

恒例のサマーキャンプですが、今年は「高齢の」になってしまったですよ。

なんと40代後半が一番若いという。さらに人数も9人。みなさん仕事や子育てにゆとりを奪われている時代ですね。

とは言え高齢メンバーは元気いっぱい。早朝少し雨に降られましたが楽しいキャンプに出発します。


雨はあっという間にやみまして、徐々に晴れてきました。



菊川でレインコートを脱ぎたくて休憩。その後は晴れても涼しい中をワインディングを楽しみ一気に津和野まで。

毎年お世話になってる食堂「田舎もん」さんで昼食です。ここでトラブラーさんとも待ち合わせなのですが、渋滞で遅れるとの連絡が入ったので先にテーブルについて待とうと。
ところが私たちも遅れ気味だったので、トラブラーさんすぐに到着。トラブルにならず残念。


キャンプ場はこれまたいつもの「ふれあいパーク大原湖」。山口県山口市徳地というところにあります。


少し遅い到着で、15時になってしまった。







なので、大急ぎでセッティング。







少々疲れましたが、去年のオリンピック記念キャンプと違って特にやることはない。カヌーも水が少ないので乗れませんし。


で、今年は、「食のオリンピック」だっ。


おかみ一刀さんがいろいろ用意してくれてさらに最強の男、食奉行さんが、





ファミリーキャンパーのヨダレもの、ダッチオーブンを持ってきてます。

こちらでは、薪を使って






ピザを焼きました。





ボッチさんが持ってきたスモーク用の缶では






塩漬けした豚肉が






燻されて、出来上がり。






おかみ一刀さん、ボッチさん、食奉行さんが頑張っている間、ロンアゴさんは



昔使っていたテント(数年来一度も開いてない)を持ってきて







使用可能かチェック。







そして玉砕❗️ 生地がベッタベタしてましたよ、溶けて。

どうやら再びバイクキャンプを目論んでる模様。星空見ながら熱燗でも飲もうってか?



食のオリンピックの方はいよいよクライマックス。


おかみ一刀さんが







衝撃的な下ごしらえをして







炭に乗っけて、





さらにバケツをかぶせるという恐ろしい料理。


震え上がる偏食王さん。そして焼き上がったチキン野郎の








お尻からさらに衝撃的なモノがっ! なんとプレモルが出てきたよ。どうやらビールで蒸されていたらしい。

や、なんか食べたくない。食べたくないのに





そんな口を開けてるだけのヒナドリな私たちに






3人のつれないお言葉。







けだし名言なりね、羽根ちゃん。



つづく





























  1. 2017/09/06(水) 15:21:47|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017 夏休み岡山~四国ツーリング その4

張り切って今治へ走り始めましたが、いゃ~なかなかタルいです。特に国道11号に入ってからは渋滞はしませんが退屈です。

それが途中から一変っ。左折して山の方へ向かうと一気に車が減りました。道幅もそこそこ、状態もまあまあなので、ワインディング走りたい放題です。

ほぼ川に沿って走っていますので










清流を眺めながらの涼しいツーリング。これを延々カーブでつなぐというヨダレ掛けが必要なルートです。

途中、ループ橋もあり、






ロンアゴさんが走ってる様子を撮ろうと降りてみましたが、さすがにバイクが小さくて写りませんでした。


今治にようやく入った頃、天気が怪しくなってきましたよ。予報では今日は曇り止まりなのに。

幸い、降るまでには至らずホテルに到着。







今治と言えば、焼鳥。串を使わず炭で焼かずの鶏皮が名物らしいので、有名店に予約を入れましたら「18時から満席ですが2時間もしたらさすがに帰られるから、電話してあげます。」と言われるので、シャワーなど浴び仮眠を取って待ちます。


ところが、20時過ぎても連絡無し。お腹が空いてこちらから電話しますと、


「すみませーん。それが、出そうで出ない。」

ってな、便秘みたいなお返事。


そのほかどこも満席だったので諦めて、チェーン店の「千年の宴」にて






ふつうの宴会。ふつうに美味しゅうございました。


翌朝、スマホで天気予報を確認。なんと予定の「しまなみ海道」を渡り広島~山口ルートだとかなり雨に降られそうです。ロンアゴさん考えた末、八幡浜を出て別府に着く宇和島運輸フェリーで帰ろうと。


名案ですが、フェリーは乗せてもらえないとどうにもならなくなりますよ。怖いので6時過ぎの早朝から電話してみたらちゃんと応対ありまして、予約も取れました!

よーし、出発ですね。










幸い夜中降っていた雨がやみ、カッパなしでのスタート。なので、調子乗っちゃって、






しまなみ海道が見える展望台に行ってみました。未練と言いたければ言ってくれ。



それはそれとして、やはり走ったことのない土地は楽しいですね。ついでに松山にも寄り道。


ロンアゴさんが道後温泉に行ってみたいと言いますのでね。













大繁盛のようです。


他の人を真似して





お水をかけてみたり、






散歩したりと、嬉しそう。


バイクの写真は建物がデカすぎてうまく撮れず、






鳥とのツーショットで茶をにごす。(鳥は飾り物です。)



ここで、パラパラっと小雨が降ってきました。わわっ大変っ。慌ててカッパを着て出発します。




雨は数分でやみまして、12時頃八幡浜のフェリー乗り場に到着。






予約無しのライダーが乗船を断られてましたよ!バイクは少ないのに何故かな?車を詰め込む為に予約無しは入れないのでしょうね。危ない危ない。


13時出発。約3時間の長旅ですよ。

船内の客室もいっぱいです。仕方なくオシャレなカウンターに腰掛けます。お尻が3時間持つのだろうか?






わざわざお土産屋さんで買ってきたお弁当を食べてますが、船内にレストランもお弁当も有りました。
少しは調べよう。スマホが泣いている。



退屈したので、甲板へ。







白鳥の王子と第1村人くんが、やはりフェリーで佐賀関を目指しているはず。どこかそのへんにいるんじゃないか?と目を凝らすも







これは行き先が逆ですね。





別府に到着してからは、安心院~院内~宇佐といつものルートで帰着。ほぼ雨に会わずに帰れたのに、



ナカタでリードとグロムに乗り換えて家に戻る時にいちばん降られましたよ。






























  1. 2017/08/30(水) 10:35:49|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017 夏休み岡山~四国ツーリング その3

翌朝、ホテルの無料朝食をいただいてから出発。


今日は瀬戸大橋を渡り、ついにうどん県(香川県)に初上陸しますが、その前に鷲羽山に登ってみます。

早朝のせいか自転車の人以外は誰も走ってなくて、楽しいワインディング。いきなり目が覚めましたよ。






工場がビッシリと建ち並ぶ風景。












夜景で見たかったな~。またいつか、ですね。



鷲羽山を降り、いよいよ瀬戸大橋を渡ります。お天気に恵まれたことを感謝したい景色が広がってます。

関門橋をいくつも繋げたくらいの規模。走りがいがありますよ。


瀬戸中央自動車道の余島PAに入ります。





ここからの





瀬戸大橋の眺めがすごい。 瀬戸内の島々も。


お土産屋さんも充実してまして、岡山と四国の両方が一緒に買えます。





倉敷帆布?ジーンズのものもありましたよ。








これはなんのモニュメント?






瀬戸大橋のワイヤー部分のようです。



続いて訪れたのは、「東山魁夷せとうち美術館」。瀬戸大橋のすぐたもとにあります。


お盆の間 ロンアゴ家、ボッチ家が同じような所をルートを変えて走っているのですが、こちらの駐車場でばったりと。お互い開館時間すぐを考えていたんですね。
ボッチさんたちはこちら側の坂出泊です。



東山魁夷せとうち美術館の入り口





名画「道」を表してるんですね。まっすぐに伸びた道に、曲がった夫婦が立つ、シュールですね。



ここではたっぷり1時間鑑賞。で、はじめて自分用のお土産




ポストカードとボールペンセット。このボールペンの中で白い馬がトコトコ動くのよ!





ボッチさんたちとは





記念写真を撮って、それぞれまた違う方向へと向かいます。



私たちは、このツーリングの真の目的「プレイパーク ゴールドタワー」へ。すぐ近くでした。


デデーンッ!!





なるべくゴールドに見えるように 、太陽が当たる位置から写真を撮りました。


中の施設は主に子供の遊び場、ゲーセン、展望台。展望台には登ってみたいですが、時間がちょっと足りないのでまた次回。


なぜそんなに急ぐかと言いますと、やっぱりうどん県に来たからには名物讃岐うどんを食べとかないとダメでしょう。となると 、できるだけ昼前に到着しなければ。

たくさんあるうどん屋さんの中から、ルートや駐車場など考慮して選んだのが善通寺市にある








「山下うどん」。ぶっかけうどんが人気だそうです。11時到着で、駐車場はかなりうまっていますがまだなんとか停められました。
すぐにお店に向かうと、ギリギリ店内で待てるくらいの並びにホッとします。





お盆にお冷などのせて、カウンターで注文。ご焼香の時みたいにドキドキしながら、前の人のする通りにやればよかろうかと。
落語だと、前の人もトンチンカンだったりしますが。


最初にいきなり注文を聞かれるので、まちがえないようにブツブツ復唱。


ロンアゴさんは「冷たい山イモぶっかけ」。私はもう少し難しい「熱いぶっかけ湯ぬき山イモ」です。
ほら練習がいるでしょう?

すぐにお椀に盛ったうどんが出て来ます。その横に天ぷらなどが並べてあるので、お盆に用意していたお皿に取って、お支払い。



空いている席に適当に腰掛けて






いただきま~す。





二人ともイカ天とかき揚げを付けました。



ツルッとして見えますがモチモチです。噛み応えすごいです。麺なのにここまでアゴを上下させられるとは、おそるべし讃岐うどん!
ズルズル飲み込んだら後悔することになりそうだー。

お味は薄めで、ダシが効いていますね。
なんにせよ、北九州のうどんとは全然違います。話のタネに一度は食べてみとくのも良かろう。


多分このうどんが消化されるまでには、かなり時間にも余裕がありそうです。

なので、今治市を目指して出発ですよ。はじめての道ばかりで楽しみです。



ところで、今日は早朝から喪中王子改め白鳥の王子と第1村人くんが北九州を出発してるんですが、もう四国に入ったのかな?


つづく


筆者 注


白鳥の王子とは













アフリカツインに乗った時の様子から名付けられました。






















































  1. 2017/08/22(火) 13:26:53|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017 夏休み岡山~四国ツーリング その2

いつもは九州の、どちらかというとダイナミックな風景の中を走ることが多いので、
広島や岡山の日本の原風景みたいなのは、これはこれでいいですね。どこを切っても金太郎飴的に里山の景色が現れますよ。


しかし写真ポイントはなかなか見つからないな~と思いながら走っていますと、

川沿いに鮮やかな赤い橋が架かっているのを見て思わず停車。車が渡るのを確認して、ロンアゴさんが橋を渡るところを撮ってみようということになりました。


というのも







川の水がめちゃ透明で、水鏡になりそうだったのですよ。


ロンアゴさんには二度往復してもらい、アングルを変えて色々収穫しました。



ってなことをやってる場合じゃない!もう4時半です。やばいっ。




本日のシメは、「水島の工場地帯で夕景を撮る」なのです。日が沈んじゃうよ。



で、トイレも水分補給もせず、ひた走り。過酷な部活!



なんとか日があるうちに到着しました。












この船着場から対岸の工場地帯に沈む夕陽をねらいます。

三脚をセットしたり、位置決めしている間にも日はどんどん落ちていきます。「あせったーー。」出川風につぶやきながら、






だいたいイメージどうりに撮れて大満足。出来はともかくね。



スマホで撮ると、実際には






かなりの遠景なのですが、そこはほら、自慢のちっちゃい望遠レンズですよ。






こんなこともできちゃう。これはなかなか好きな感じなのでアウトライダー応募用。



さあ、あとはホテルに向かうだけだったんですが、ちょっと欲をかいたロンアゴ夫婦、工場夜景も撮れないかな?と。で、工業団地的なところに迷ったフリして入ってみたのですが。


どこもここも私有地ってか工場の敷地内のようです。

や、もともとが気が小さいA型の二人、こんなにも中高年になって警備の方に叱られるのもヒトとしてどうかと思い 、停車すらせず脱出。


ホテルには8時過ぎて到着。フロントでバイクを停める場所を尋ねていると、先客に







マットブラックのNM4!


すれ違うのすら珍しいのに、同じところに泊まっているとは。

ロンアゴさん、奇遇に感動しつつも姑のようにしげしげと見つつ、「俺のほうがキレイにしとる。」

これってライダーあるあるなのか?はたまたロンアゴさんの性格か。



ともあれこの時間でヘトヘトなので、今夜はコンビニ弁当を部屋で食らって寝る予定です。


部屋に入るなり、そのあまりの狭さに食欲すら減退。やはり二人で7,800円 さらにポイント使って4,800円は節約し過ぎ?

もう、ツマミ的なものとお酒のみいただいて、明日のために今日は寝る。


つづく












  1. 2017/08/21(月) 14:57:48|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ころぬあんこ

Author:ころぬあんこ
弟と母と三人でバイク屋をやってます。
夫やお店のお客さんとのツーリングは、趣味と仕事の両方を兼ねて。お客さんには、妙な人がいっぱいいらっしゃるので、退屈しません。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (49)
ツーリングレポート (114)
バイク屋のこと (404)
家庭のこと (48)
主バカ ニャンコのこと (12)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

シンプルアーカイブ