他力で生きている   バイク屋の女

おフランスざますツーリング

今年のビンゴツーリングのポイントは、テーマが「塔、タワー」。

さっそくその一つ 、「佐賀のエッフェル塔」をゲットすることにしました。



今回は夫婦二人だけで出発。写真部ツーリングも兼ねてますのでね。


飯塚市から八木山バイパスを使い、ショウケの途中に出てから大野城市を抜けます。ちょっと違うルートで那珂川へ。

このあと、一昨年ナカタのツーリングで使った東脊振トンネルを通ろうとしたのですが、有料なのを見てロンアゴさんは「金を払うのはイヤだっ。」と言いながら脇道へ。

これがとんでもなく汚くて、思わず「金なら出すっ。」と叫びましたがロンアゴさんはオフ車なので知らん顔ですよ。

前は休憩した「さざんか千坊館」の展望台には止まらず、そのまま佐賀の神埼町へまっすぐ向かいます。


県道48号沿に 、「馬場ボデー」という会社の社長 馬場憲治さんが作ったエッフェル塔 22mがそびえ立っていました!


まさに、おフランス🇫🇷ざます。







パリのお上りさん的VTRを撮りまくっておったら






なんと、第一村人君に見つかってしまいました。

よく遠くからわかったねと言うと、こんな派手なバイクすぐわかりますよ、と。


CRF RALLYのほうか。確かに目立つね。



で、3人で記念撮影しまして





佐世保のポイントも狙う第一村人君とお別れ。

そのまま、私たちは昼食を食べに行きました。






お食事処 団十郎 渋い名前ですが、店内には





あちこちにステンドグラスの製品が飾られて、洋食屋っぽいです。団十郎ってどの辺なんだ?


ロンアゴさんは





三瀬鶏の塩焼きとお造り御膳?だったっけ。


で、私は





もうずっと前から食べたかった「佐賀牛」ステーキセットのハーフサイズ!


少食だからハーフではなくお財布がハーフなのは皆さんよくご存知ね。


あーしかしトロける柔らかさ、甘さ。佐賀牛バンザイ!



続いて、おフランス🇫🇷を探して行ったのは佐賀市の街中にある「佐賀市歴史民俗館」。

館内は資料館とレトロなカフェにもなっているとのことで、楽しみにしてましたが、

なんと、ひな祭り開催中で大混雑。もうとっくに3月半ばですよ。ひな人形を片付けないと、うちの娘みたくイキオクレるよ。などと悪態つくも駐車もままならず、諦めて次の目的地へと走ります。



しばらく走って、大川市にやってきました。筑後川の下流。

昇開橋の近くに 「九州貨幣博物館」というのがあります。見学もできますが、今回はなにせ、
おフランスざます🇫🇷ので、







写真を撮るだけ。








また次回 見学させていただきます。








ついでに筑後川畔にも降りて、おフランス🇫🇷を探してみましたよ。









や、これはなんだか、マルセイユの波止場って感じで







おフランス映画っぽくないですか?

ないですか⤵︎ そうですか。



さて、もう十分満足したので、帰路に着きます。


道の駅みやまで休憩。






本日のスイーツ、





ジェラートいただきました。ジェラートはイタリアなので、おフランス🇫🇷ではありませんが国旗が色違いのイタリア🇮🇹って事で。


そのあとは、八女市から浮羽へ そして小石原のルートで帰宅しました。



ビンゴポイントひとつゲット!

皆さんもエントリーよろしくお願いします。珍しいものがたくさん見れますよ。



















スポンサーサイト
  1. 2017/03/22(水) 14:58:51|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

萩 社会見学的ツーリング

2月のツーリングは、もともと萩の世界遺産センターが目的地でしたが、ななんと直前に終了という
憂き目にあってしまいました。

なので、急きょ「萩博物館」に変更しまして、26日に開催。



お天気は曇りですが、遊ボッチ今年初ツーリングって事で、寒い中13名の参加となりました。






関門トンネルのところで、おへんろ寅さんがそれこそふらりと合流。菊川の道の駅で第1村人くんも合流です。


もう一回北長門 海鮮村にて休憩して、11時過ぎに萩博物館到着。






入り口は







「たのもーうっ」ってカンジですよ。勝ったら




看板いただくよ、みたいな。


今回は博物館の中のレストランを予約しましたので、まずは昼食から。








ロンアゴさんは










肉うどん

だけのはずもないって、このやり取り飽きちゃいましたか?

しかし彼はこのうどんを





こちらのコロッケ定食のお吸い物だと言い張ったとこが新しい展開ですね。


食後は、博物館のガイドの方にお願いして、明治維新のキーパーソンの方々にまつわる話を聴きながら展示物を拝見させていただきました。効率良く見れて、お勉強になりました。


写真撮って良いのか尋ねそびれて、なんとなく遠慮しちゃったので写真無し。



そして、時間が無いかもと遠慮して食べなかった夏みかんソフトを




皆を仕切るべき店主ボッチさんが食べておったのにも、驚きをかくせないころぬあんこでしたー。

時間あったんかいっ。遠慮ばかりの人生だ。


続いて向かったのは、世界遺産の「萩 産業遺産群」の一つ






こちらもガイドの方に説明していただき、





この不思議な建造物のお勉強。


桜の季節は、この反射炉と列車を撮りに来る人で賑わうそうです。あの豪華列車トワイライトエキスプレスが通るとの事で、ますますかな。



さて次も数分走って、こちらの






恵美須ヶ鼻造船所跡にやってきました。

こちらでもガイドの方にお願いしましたよ。
ここで建造された二隻の洋式帆船についてお勉強。




普通に人家が建ってた下から発見されちゃったので、立ち退いてもらって







現在、必死で発掘してます。
良いなあ。うちの家の下にも何か埋まってないかしらん。強制立ち退きしたい。




こちらは石造防波堤。


ラストは、萩の中心部からかなり走った山の口ダム近くの




帆船などを作るのに必須な製鉄所です。

小さな案内所があって、室内でビデオ映像を見た上でガイドの方にお話を聞きお勉強。


で、外の遺跡を見学です。







遺跡の横に立っている透明の板越しに見ると、





元の姿がわかるというアイデアものです。


佐賀の三重津海軍所跡のVRスコープに比べておそろしくアナログですが、頑張ってる感はあります。



以上四ヶ所でお勉強したら、当時の欧米からの圧力に必死で抗う幕末の偉人達の姿が感じられましたね。


おかげさまで日本人がずーっと日本語のみでやってこれた。これはすごいことです、世界的には。



ま、逆に英語しゃべれないままですが、何か?


やー、2月のツーリングにしてはかなり遅くなりましたね。急いで帰路に着きますが、休憩の「ぽんぽこの里」でぽんぽこ焼きが食べれると頑張って峠を下ったのに、4時で閉まってました。

口があんこになっていた私のやり場のない怒り。仕方なく自販機でおしるこを買い、ツブツブが上手く出てこないのでフラストレーション。

次の休憩のコンビニでは、しっかり甘いモノをいただきました。


関門トンネルを抜けて帰り着いたら7時でした。みなさん寒い中、普段使わぬ頭を使わせごめんなさい。

来月は普段使わぬ手先を使ってもらいますので、参加よろしくお願いします。




























  1. 2017/03/10(金) 12:00:00|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CRF250RALLYとVTRの慣らしツーリング その2

本日の昼食は、ロンアゴ家お気に入りの


湯布院ガーデンホテルのレストラン「プリズムガーデン」






ここのバイキングに決めてましたっ。

幸いまだ席が空いてたのですぐに入れましたよ。





カラダに悪いものしか選びません。( ̄ー ̄)

中でもお楽しみはサイコロステーキ



そのお肉がゴロゴロ入った




辛めの、子供に媚びてないカレーですかね。


私は一顧だにしませんが、煮物などもけっこうあります。



腹八分という言葉が辞書にないロンアゴ家 、満足してお店を出ました。


で、このレストランの向かい側には由布院ワイナリーというワインショップがありまして、

その建物のレンガの感じとかが、新しいVTRに良く似合うのではって事で







ロンアゴさんに写真を撮ってもらいました。




正面の由布岳が、澄んだ冬の空気でくっきりと見えてます。



なのでお返しに、由布岳が良く似合うCRF250 RALLYを












由布岳背負い投げ風に撮って差し上げました。



帰りは九重を少し走ったので






ところどころ雪が溶けてない場所もあり、新車ゆえに緊張。肩凝りました。


筋湯から下って龍門の滝あたりから耶馬渓、アグリラインで行橋~小倉へ。

慣らしでゆっくりってことで、300km程度のツーリングなのに6時過ぎました。


インプレってのがおんなじVTRなのでなんともですが、コツコツと道路の細かいギャップを拾ってつらい
旧型よりも、滑らかになぞって行くなあ。サスを緩めてないせいかな?と思ってましたが、ラジアルタイヤのおかげの様です。ラジアルタイヤ、久しぶりですからね。

タイヤ代が高くなる、とか文句言ってゴメンよー。

あと、旧型よりも下のトルクがきつくなくなってる気がしました。これならマフラー替えなくても我慢できるかな?
や、質感的に無理か? でももう予算が無理か。マフラーに関しては暫く考慮せざるを得ません。













  1. 2017/02/28(火) 14:26:38|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CRF250RALLYとVTRの慣らしツーリング その1

CRFとVTRを同時に買っちゃったバブリー夫婦。

さっそく二台で慣らしツーリングに出かけました。


行き先は、この時期ですのであまり高地はちょい恐いってことで、塚原高原から湯布院周辺にしました。


10号をのんびり下って、安心院から別府へ向かい、アフリカンサファリの先から右折。


目的地は塚原温泉 火口の泉





といっても温泉に入るわけではなく、こちらで入場料を払って、伽藍岳に登るのですよ。


何を隠そうテレビ大好きっ子の私らは、先日NHKの「ブラタモリ」で、タモリさんが伽藍岳の火口を訪ねてるのを拝見。さっそく行って見るミーハー夫婦です。






登ると言っても5分くらいですが、それなりに坂がきつい。
家族連れで来たグループの中の年配のご婦人が 、身体を支えてもらいながら登ってて
「タモリさんもここを登ったんやねえ。タモリさんが頑張ったんやけ私も登らんと。」
と話しておられるのが聞こえて 、ロンアゴさん小声で
「ほんとみんなテレビに出たらすぐ来るもんね。」


「お前もなっ。」そう突っ込まざるを得ません。


火口は







なかなかに、「地獄へようこそ」な近さです。






小規模ながら 火口オーラぷんぷんの景色が面白いです。オススメ。



続いて、湯布院方面へ向かいながら、どこか納車記念になるような写真を撮る場所をさがしつつ走ります。
慣らしなので、私は5000回転くらいに抑えて走ってますよ。

それにしても二人揃ってノーマルマフラーなんて 、あんまり記憶に無いですね。スルスルと滑るように静かに走るガツガツした若者感のない2台。やー、枯れてますな。


で、枯れた景色発見。駐車場に停められそうです。








写真もゆっくり撮れそう。


さっそく写真部活動に入ります。







初ツーリング記念に二台並べて。








VTRのいい感じのカラーを見せるのに1枚。





冬木立とCRF250RALLYなどなど。



そこへ話しかけて来た年配のおじ様 、バイクはいいねーとか気をつけて走ってねなどと言われてハイハイうなづきつつ写真を撮り終わり、では、と去ろうとしたらおじ様ったらでかい三脚と立派なカメラを据えて由布岳を撮り始めており


ひゃー、早く言ってよね。シロウト全開で恥ずかしいじゃあないか。

つづく















  1. 2017/02/25(土) 14:09:31|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

萩 文化巡りツーリング その2

昼食ですが、8月のキャンプの帰りに食事予約していて、大雨でキャンセルしてご迷惑をおかけした
阿武町の「ちっぽら食堂」さんを予約してます。


途中、萩市の街中を抜けます。食後はまた戻って来て「世界遺産ビジターセンター」を訪れ、文化巡りの締めとする予定ですが。

なんと、そのビジターセンターの前でイベントが行われていますよ!
おお、どうやら交通規制も。あの感じではパレードがあるのでは?

ヤバいですね。もやもやしつつ、ちっぽら食堂に到着。







こちらのご主人、ライダーに親切な方で、気持ち良く予約を受けていただけるのでありがたい。


その上今回もサービスで





お刺身を大盤振る舞い! いただきました~。


私はいつもお肉料理ですが、今回は




カキフライ定食。 なんか急に食べたくなって。

ロンアゴさんは




エビドリア。

だけじゃないことは皆さん先刻ご承知ね。





パスタ、何パスタだったっけ? きょうは炭水化物で攻めてますよ。


食事をしながら、気になる先ほどの萩市のイベントを調べると、「萩時代まつり」らしい。
で、やっぱり時代まつりパレードが14時までということです。

とりあえず今からビンゴポイントの「阿武川ダム」へ走ります。少し回り道で時間調節するかという事に。


峠から峠と繋いで、紅葉も少し早いですが楽しみつつ快走。


と、視界の端っこで何かが山の法面からボトッと落ちるのを見ました。

「んっ?んんん? 何だ?」と思う間も無く、

私のバイクの前を、なんと サルが横切って行きましたよっ!!

もうすこしではねるとこですよ。猿身事故ですよ。サルをはねたら一生夢見ますよ。


やー、すぐ脇にすごいもみじの並木が色付いてたけど、それどころじゃあない。


あとでみんなに話すと、それは食奉行さんが三度目の災いを狙って放った刺客だと。

食奉行さん、なんでも器用にこなすけど「猿回し」まで習得してたのか。


阿武川ダムに到着。





見慣れないものが干してありますね。カヌーかな?






カヌー競技の練習場になってるようです。スラローム?







ダムを背景にみんなで記念撮影。

よしっ、ロンアゴ家はビンゴツーリング、パーフェクトですよ!うーん、達成感っ。



で、本来はこのあと萩世界遺産ビジターセンターに行く予定でしたが、この時間からの見学だと、帰りが8時過ぎる。となると、夜は雨の予報ですのでまずいんじゃないかという事になり、断念。


帰りのルートもボッチさんが楽しい峠道を選んで走ってくれたので、満腹です。

休憩はぽんぽこの里





なので、ぽんぽこ焼きをいただき、これまた満腹。


下関のコンビニでラスト休憩の後、流れ解散としました。





これでまだ17時半くらいですからね。晩秋のツーリングは時間に追われますね。


ですが今回、山口方面のツーリングで何事もなく全員帰る事が出来ました。ほんとにほっとしましたよ。

サルを使う作戦は、成功率低いのでやめようね、ほんっとに。











  1. 2016/11/24(木) 13:40:46|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ころぬあんこ

Author:ころぬあんこ
弟と母と三人でバイク屋をやってます。
夫やお店のお客さんとのツーリングは、趣味と仕事の両方を兼ねて。お客さんには、妙な人がいっぱいいらっしゃるので、退屈しません。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (49)
ツーリングレポート (86)
バイク屋のこと (387)
家庭のこと (48)
主バカ ニャンコのこと (12)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フリーエリア

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

シンプルアーカイブ