FC2ブログ

他力で生きている   バイク屋の女

1992年 8月のオフロードツーリング

前回の砂地獄に懲りたのか?きょうはあまり集まっていません。寂しいな~。天気もまあまあ。取っても良いよ!とまではいきませんが雨の降る気配はないので一安心です。

目的地は宝珠山付近!行くぞぉ~! ところがところが「えっ?違うの?どーして?。」

私のあたまの中は大パニック。なんと目的地は昨夜変更になっていたそうです。

「きょうは大谷渓谷に行きま~す。川底が一枚岩になっています。上流に向かって走ります。」

う、嘘つきっ…。そんな話聞いてないぞ~。うわさには聞いていましたが、自分がそこを走る事になるとは考えてもみませんでした。この事態に直面して、できることなら逃げ出したい。恥をかくのは目に見えてるし、きっと水没してエンジンがかからなくなって、置いて帰らなくてはならないだろう。どんどん悪い方に考えてしまう。日頃の練習不足を棚に上げて、自分の技術の無さを痛感してしまいました。

どちらにせよ今日は5人しかいないので、「私、帰りま~す。」は通用しそうにありません。腹を決めるしかない。あきらめの境地で走り出すと、先日の台風で林道にもかなりの被害があったようで、あちこちに難題が…。経読林道から相の原林道。これを抜けると深耶馬渓まですぐです。最初のセクションは土砂崩れで上から松の木が落ちてきて横になっています。木の下をくぐるのですが、その手前がぬたぬたでマッディです。

2番目はロックセクション!大きな岩や大小の石が丘になって道を塞いでいます。

3番目は倒木でした。大きな杉の木が上から倒れていて完全に道を塞いでいます。1,2本なら持ち上げてでも進んだのですが2~30本は有に倒れていました。下まであと少しだったのですがこれ以上はどうしようもありません。悔しいですが引き返すしかありません。二度と通りたくなかったロックセクションを行くしかないのです。

深耶馬渓で休憩して、いざ大谷渓谷に出発!!

細い道を右に曲がり左に曲がりくねくねと下って行くと突然小さな水の流れが目に入りました。これを横切るのかな?前の人に必死についていくと、その先で大きく開けていて川になっていました。

深さは10㎝から15㎝くらいで、ところどころ大穴があるとの事…。先頭が走るとうりについていくといくらか安心です。

渓谷に入ってしばらくはうまく穴をよけていましたが、カン違いからか先頭が穴にはまってしまい…。

(ツーリング中のトラブルなどほとんど見たことが無かったので初めてスタックしたところを見てしまいました。)2~3人でバイクを押したり引いたりして無事脱出成功‼

押し上げる時にリアタイヤが水をかき上げて、後ろから押していた社長はお股がびちょびちょになってしまい、ブーツの中もびちょびちょで見ている方も気持ち悪かったです。走り慣れた道(川?)でも間違えたりするんですね。すべてにおいて完璧な人間はいないんだな~と思うと少し気持ちが楽になってきました。ゴメンね!!

今回は下流から1~2km走ったところで川幅が最大に広い所にておひるごはんにしました。

バイクを川の中に停めて横の土手でランチです。ぽかぽか暖かくて光が川の水に反射してとってもきれいでした。休憩中に四駆の車が5台くらい上って来たのですが、川の中洲で昼寝していた清原君は大変です。みんなの声にビックリ!飛び起きて枕にしていたブーツを持って戻ってきました。

横になれば次の車が来るので寝たり起きたりの連続です。とうとう目が覚めてしまったようです。かわいそうに。

勢いよく上って来るのはいいのですが(上から車が来たら避けられる状態ではありませんが)とうとう最後の1台が穴にはまってバーストしてしまったようです。吉川君が探ってみると穴の中にちぎれたタイヤのリムが落ちていたのです。穴の深さは吉川君のひざくらいまでありました。

車が落ちたときは、それはそれはものすごい音でした。びっくりしたな~もう!

野次馬根性丸出しの二人はニコニコ顔で「どうしたんですか~?」「パンクですか~?」と車の様子を見に行ってしまいました。(何を隠そう、吉川君と有門さんですよ。)

四駆の車が行ってしまうと今度は次から次にジープが下ってきて、私たちは目をぱちくりするばかりでした。ジープが15台くらいあったのですが出発するのを待って上流に向かいました。

上流に向かうにつれて道幅が狭くなっていて、こんなところでジープと出くわしていたらと思うと冷や汗ものでした。途中先頭が見えなくなることもありましたが、少しずつ落ち着いてきて景色を見ることができるようになりました。

びっくりしたのは、なんと人が!歩いてきたのです!「こんにちは!」おじいちゃん、おばあちゃんが元気に挨拶してくれました!バイクで走っているのが少し恥ずかしい気持ちでした。

大谷渓谷を走ってみてそんなに難しいというわけではありませんでしたが。やはり道を知っている人の後ろを走るというのがベストでしょう。もしもの場合は先頭が犠牲者に…。

一本橋を走っているつもりで前の人の走ったところをしっかりとトレースしていればだいたい大丈夫のようでした。1,2度前の人と離れてしまったのですが、その時は必ずと言っていいほど小さな穴にはまってしまい心臓が飛び出しそうでした。やはり一人で走るには危険がありそうですね。

そのまま帰れば良い時間だったのですが、「大平村の林道を探そう!」という吉川君と社長の口車に乗って山に入ったのです。行けども行けども行き止まりと倒木ばかりで結局抜けられず引き返したのでした。チャンチャン♪

しかし行き止まりでしたが景色の良い場所を見つけました!キャンプができてトライアルなどバイク遊びもできるくらいの広さです。海が見えて中津の街も一望できます。

帰り道、暗い林道は怖かったです。ガレ場も多かったし延々下りだったので、心臓が口から飛び出して自分よりも先を走っていたのは言うまでもありません。今回なかなかハードなコースでしたが、一人ではできないことも体験出来てドキドキの一日でした。次はいよいよ一泊ツーリングです。レポートお楽しみに。


スポンサーサイト



  1. 2019/04/11(木) 08:50:00|
  2. 昔のツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山口の雑炊屋さんツーリング

1992年8月9日


ほんとは菊池渓谷の予定だったのが、なんと前日台風が来てしまいまして被害の少ない山口方面と変更しました。7月が中止だったせいかツーリングに飢えたメンバー14人が集まり、曇り空の下スタートします。

曇っているおかげで、この真夏にかえって涼しく走りやすい。途中ドライブインでトイレ休憩。

寝不足気味の寺戸くんは、いきなり駐車場にごろりと仰向けに寝転んでしまいました。そのうち雨がぽつりぽつりと降り始め霧雨になってきました。冷たいので寺戸くんがガバッと起き上がると、身体の下になってた部分がアスファルトに白く残り、「ここに死体がありました。」のチョークみたくなっています。気持ちの悪さに大笑い。

山口市内に入り、私は初めてなのですが「五重塔」を見に行きました。雨もやんで少し暑くなっています。「五重塔」はなかなか趣があり、ここで記念写真を撮ります。

少し奥のほうに「うぐいす張りの参道」というのがあったので歩いてみましたが、何にも鳴らない。

みんなにも声を掛けて歩いてもらいました。それで、丸い印があるところでドンッと跳ぶとやっと「キュン」と音がすることがわかりました。調子に乗って跳びまくったおかげで足の裏が痛くなって、ちょっとバカらしかったかなと思いましたよ。

ここから少し走り、雑炊のお店「純味」に到着。お昼時で混んでいて、何人かずつに分かれて呼ばれます。このお店は、カニとか牛肉とかニラとかたくさんの種類の雑炊があり、ボリュームもたっぷりでした。寺戸くんはそれを二杯も食べたのでだんだんお腹の中で膨らんで、胃が盛り上がって不気味でした。

帰りはすっかり晴れまして、秋吉台に寄り道しました。いいコーナーが続きますが、運悪くバスの真後ろについてしまい、排ガスが臭いだけのワインディングとなりました。

初心者ライダーの伊東さん、本名さんも良く走れるようになっていて安心しました。平戸一泊ツーリングに頑張って行こうね。

皆さんお疲れ様でした。次回の「りんご狩り」もよろしくお願いします。

  1. 2019/04/08(月) 09:26:00|
  2. 昔のツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1992年 6月のオフロードツーリング byおかみ一刀

 今回はどこに行くのかはっきり知らずにいたのですが、朝、集合場所に行ってみると、なんでも日出生台の演習場に行くとのこと。
うわさには聞いていたけど普通の林道よりはおもしろいかもネ?・・・。  フラットのダートだとうれしいんだけど・・・くらいの気持ちで行ったものだから、突然の砂煙にビックリ!! 土が細かく砕けて乾燥しきっているのでまるで砂漠を走っているような錯覚に陥ってしまった。前のバイクがかき出す土がもうもうと立ち込めて視界はゼロ。もしかするともっと悪いかもしれない。わだちどころか、道が曲がっているのか直線なのか・・・。土煙の多い所を目印に気合い一発!!
最初あれだけ怖かったのに走り慣れてくるとこれがなかなかどうして、フニフニしておもしろい!!
お昼ご飯を食べるころには、みんな茶色の土人形。朝、青の洞門で写したぴっかぴかのウェアやバイクは見る影もなく色あせてしまい、鼻の下には土色のヒゲ。顔を見合わせては大笑いしてしまいました。
情けないぐらいほこりまみれになった愛車から荷物を降ろすと、ぶぁ~っと土埃が舞い上がって目が痛くて痛くて、もう辛抱たまらんと逃げ出すと身体からほこりがブぁ~っと出て、泣きだしたくなるくらい情けなかったです。
思わず「こ、これがパリダカールラリーなのね・・・。」と考えさせられてしまいました。
今日のお昼ご飯は、お弁当にカップラーメンが渡辺さん、清原君、川本君。スパゲティが社長と私、若奥さん。それから有門さん、日隈さん。「お昼ご飯は食べてきたけ、コーヒーあったらちょうだい。」と言ったのは遅れて着いた吉川くん。彼はな~んと、1000㏄のオフロードバイク(BMW R100GS)で初のダート走行です。
アフリカツインからの乗り換えとはいえ、丘の上から手を振ると軽々と登ってきたのでみんなびっくり!してしまいました。
お昼ご飯のあと、山を越えて帰って行く戦車(これだけでもびっくりしちゃいました。)を見ながら
「あんなのに轢かれたらおしまいよね~。」
「土煙からあんなの出てきたらどうする~?。」
「怖いよ~。」
戦車同士も道が見えなくなったら困るので、間隔をたっぷりとって10台くらい通過したのでけっこう時間がかかり、出発が遅れてしまいました。
さ~て帰ろうかっと後ろを振り返ると、草の中に「砲弾着弾地点」と書かれた板が打ち込まれていました。ああ恐ろしい。
途中KDX250Rに乗ったおじさんと親しくなり空気入れを貸してもらったのですが、(湯布院に引き続き1台パンクしちゃいまして)湯布院の街までチューブを買いに行ってる間二にお話を聞いていたのですが、海外ラリーにも何度か参加した事があって今日も次のレースのために練習に来たということでした。
「帰りは私が案内してあげましょう。竜門の滝近くに出る林道がありますから。」と道案内までしてもらってラッキー!!と思っていたのも束の間・・・。
半ば砂漠化した道を走って行くと突然地響きと共に目の前の土煙が二つに割れて、中から戦車が顔を出したのです!
道の真ん中を走っていたので戦車が見えると同時によろけるように端に寄ったのですが、あんまり驚いたので振り返って戦車が見えなくなるまで見送ってしまいました。さすがに先頭の二人は前が見えていたので、何かが走ってくるのは分かったそうですがまさか戦車だったとは。息詰まる一瞬でした。
土埃砂漠からひょいっとわき道に入ると、これがまた別世界。石だらけの幅が狭い林道で・・・。もしかしてもしかすると廃道?な~んて思ってしまうほど荒れていたのでした。
私としてはこっちの方が好きなので楽しんで帰ることができました。
途中ウエストで休憩していると思わぬ災難が吉川君を襲ったのでした。(自分に家まであと1~2分だったのに)なんと新車のBMWのタンクの上に指で落書きをされてしまったのである。
清原君から「130万円もするバイクに落書きやらよくしきったねえ~~。」と驚かれていたのはなんと日隈さんでした。
夕方お店に帰り着くと、あまりの汚さにお客さんも唖然としていたようで、色とりどりのはずのオフロード車もはにわ状態。
「一緒に走りたくない。」そう思われそうな光景でした。
しかし時間がたつと、洗車の手間は忘れてしまい、またあんな道を走ってみたいな~と思う今回のツーリングでした。
次のツーリングもお楽しみに。

  1. 2019/02/22(金) 09:24:28|
  2. 昔のツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1992年 6月のツーリング 萩

6月15日  7日の予定が雨で延期になり、でもきょうも曇り空です。天気予報も「阿蘇は雨です。」ときっぱり言い切るし、どうしようかと店主とナカタの店内で悩んでいました。
そこへ新しいバイクでうれしい内藤さんがやってきて、同時に、新しいバイクでうれしい吉川君から電話があり、「行こう、行こう。」と言うので行き先を変更することにしました。
山口方面が確率が低いということで、萩に行こうと決定。
お店の前に出てみるとジュースの自販機の陰に有門さんと日隈さんが隠れているではありませんか!
二人は店主が「私たちを見つけて迷惑そうな顔をした。」と言って責めていますよ。ちなみに店主の顔は常に迷惑そうですが。
8時過ぎに、6台で出発。関門トンネルを出て2号線を上り、すぐに左折して下関球場で休憩。ここで後追いの楠本さんを待ちます。
有門さんと日隈さんが今度は吉川君をいじめているあいだに楠本さんが到着。
山に入ってくねくねカーブをしばらく走り、川棚温泉から先で海側の191号に出ました。このあたりからすっかり晴れて気分爽快。
町のあちらこちらに紫陽花の花が咲きこぼれているのが印象的でした。
萩での目的は釜飯! 店主とグルメ朱美ちゃんが発見したお店に直行です。
ウニやホタテの釜飯を食べてから小京都、萩を軽く散策。この時も有門さんは店主が犬のふんを踏んだと言いがかりをつけ、いじめていましたよ。真正の女王様か。
かなり空が暗くなってきたので、急いで帰ることに。途中パラパラッときてはすぐにやむという繰り返しで、レインスーツを着るのを迷っている間にもうすぐ下関です。私と有門さん、内藤さんはレインスーツを着ましたが、絶対着ない主義の楠本さんは着ません。
下関からけっこう降ってきて、北九州では本降りになったけどまだ着ません。こうなるともう意地か宗教か?
5時半頃、モトショップナカタ着。到着したとたん、ニュー・バイクを洗車する吉川君の姿が感動的でもあり、また物悲しくもあり。

雨でもがんばったね。お疲れさまでした。次回もよろしくね。
  1. 2018/12/20(木) 09:04:57|
  2. 昔のツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1992年 5月 原付ツーリング 宗像でプラネタリウム byおかみ一刀

5月17日(くもり) 今回はうれしはずかしの原付ツーリング、期待の女の子は来ていませんでしたが・・・(悪かったわね、私は女の子にはいらなくて)。ルートは山あり市街地ありでドキドキワクワク。まずは合馬から畑方面に登って、次は分岐を河内方面に下って行きます。メンバーは、社長、そして社長令嬢・・・じゃーなかった、社長夫人(えらいんだゾー)、浦野ブラザース、おニューのツナギでうきうきの畑田君、昔なつかしい?ビートの光根くん、借り物バイクの片山君、総勢7名、車種もバラバラ、体型も?バラバラ?。
八幡へ下る狭くてくねくねのワインディング、静かな山の中に「キーキー」とブレーキのきしむ音が・・・。ムードをこわしているのは誰だ~、な、なんと私のバイクでした。
峠道をかっとびたい気持ちをおさえて「帰りは全開だ!!」と悶々と走る慣らし運転中の畑田くん。「オレのビートは最高だぜ。」とばかりにおしりをふりふりコーナーに飛び込んでいく光根くん。空がどんよりと曇ってはいるものの「心はひとつ」 満天の星空を想い浮かべながら頑張って走りました.
中間市に向かってしばらく市街地を走り、橋の向うのコンビニでひと休憩。思い思いの品物を買ってちょっと遅い朝食です。ちなみにレジのお姉さんに頼んでトイレを借りて、出てきたところでオーナーのおじさんとばったり。嫌な顔をされたのはいうまでもありません。
「あと15分くらいでイベントホールに着きそう!!これなら午前中の投影時間に間に合うぞ、やったー!!」と心の中でよろこんでいると・・・な、なんと先頭付近で1台パンク!!先頭は気付かず行ってしまい、もう大変!!宗像市内は少し交通量がも多くて道路の左側をよろめきながら走っていたのですが、この道がくせもの?大型ダンプがバンバン走っているので路肩付近がうねうねに波打っていて50ccの小さなタイヤはあっちに跳ねこっちに跳ね、怖いのなんのってもう・・・。突然前のバイクが止まったのでびっくりしてちょびっとだけおかまほりほりした人や、路肩の草の中に飛び込んだ人など、みんなびっくりひゃっくりの一瞬でした。ラッキーな事にこの道沿いに車のタイヤ屋さんがあったので「頼むだけ頼んでみよう。」とか「断られたら工具だけ貸してもらおー。」などなどワラをもつかむ思いで聞いてみると、さすがに車のタイヤしか置いてないだけあってバイクのパンク修理はした事が無いとのこと。
いかたがない。社長はここまで来ても仕事をするはめに・・・。パンク修理にとりかかろうといざバイクを見ると、このバイクはバイク屋さん泣かせの「割ホイール」だったのです。社長は「清水君うらむぞー。」などと言いながらタイヤをはずしホイールを二つに割ってやっとの思いでチューブを取り出したのですが、「そこは私がしてあげましょう。」とタイヤ屋の人がパッチを張ってくれたのです。
社長としてはここが一番大切なところなので自分で確認したかったのですが、店の人にそう言われては断れなかったようで(ヨ!小心者!!)お言葉に甘えてしまい・・・。
道路に出た途端またまたパンク!!後ろの人も今度は無事回避できたようです。先頭も何気なくバックミラーを見ると誰もいないのでまたびっくり!!再度さっきのお店に行き、理由を話して工具を貸してもらいました。今度は社長自らパッチを貼ったのは言うまでもありません。多少怖い思いもしましたが、これもマスツーリングならではの体験です。
目指すプラネタリウムはぴっかぴかのイベントホールの中にあってとってもきれいなところでした。しかし午前中の投影には30分ほど遅れてしまい間に合わず、昼食を先にすることにしました。ここのレストランはおいしくってボリュームたっぷり。その上若いボーイさんばかりだったので、私だけ目の保養をさせていただいてありがとうございます。
食事のあとは少しお散歩!!ゴルフコースやプール、草スキーなどなどデートコースにも最適です。
時間になったのでやっとお目当てのプラネタリウム見学です!思っていたより狭かったです・・・はい。ストーリーは「ヘラクレスの伝説」。私はプラネタリウムが初めてだったので真剣に見入ってしまいましたが、ストーリーが進むにつれてなんと言っていいのか、いびきの音が静かにひびいてきて、思わず効果音かしら?と思ってしまいました。
後で聞いてみると他の人もちらほら眠っていたということです。
「さ~帰るべ~!!」と表に出てみると、なんと雨!!小雨ですがパラパラとしつこく降るんです。レインウェアを持ってきてない人が多かったのですが、待っていても上がる気配もないのでそのままぬれて帰りました。
途中、砂の浮いたコーナーで一台こけちゃいましたが、気にしない、気にしない。長い人生一度や二度はこういうこともあるもんです・・・。
雨ありパンクありのドタバタツーリングでしたが、やっぱりロマンチックより食い気よネ!!と実感してしまった今回のツーリングでした。
秋の原付フルーツ狩りが今から楽しみです。
  1. 2018/09/26(水) 10:01:30|
  2. 昔のツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ころぬあんこ

Author:ころぬあんこ
40年近く続けてきたバイク屋を先日閉店しました。
遊ボッチというツーリングクラブのレポートを中心に書いてきたブログでしたが、お店を閉めましたので、ここからは過去に書き溜めていたツーレポをぼちぼち残していこうと思います。1992年からのものですから、私も若かったので文章が初々しい(?)
林道ツーと原付ツーはお嫁さんが書いてます。

なお、現在のツーレポは下記にリンク先で入れている「バイクで遊ボッチ」でぜひ読んでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
ツーリングレポート (162)
バイク屋のこと (402)
家庭のこと (55)
主バカ ニャンコのこと (14)
昔のツーリングレポート (10)

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

シンプルアーカイブ