FC2ブログ

他力で生きている   バイク屋の女

2011 秋の一泊 雲仙 その2

民宿「雲仙」に到着。忘れられないくらい、そのまんまな名前です。

       ブ11,10.17-14

荷物を部屋に運んだ後、民宿はふつうのお風呂だということで、近くの共同温泉へ。

 ブ11,10.17-15

いや~、久しぶりに昭和感を味わいました。入浴料100円 の意味を知る。

入ってすぐの脱衣場にあるトイレの張り紙がまず強烈。「男女共用」ですよ。
え?え? 男子、入ってくるん? いや、それまずいし。

さらに、シャワーが無い。まあ、これは良いとしよう。
お湯と水をまぜながら、良い感じの温度にします。
けど、お湯のほうの蛇口は手を離すとすぐ戻っちゃうのですよ。
なので、手を添えたまま。しかもお湯はちょろちょろって出方だよ。

洗面器にお湯がなかなかたまらないですが。だんだん面倒で、水の割合増加。寒いっす。

温泉は、もうすっごく濁っててよろしいです。けど、なんのイヤガラセでしょうか?むちゃくちゃ深いですよ。
濁り湯なので底が見えず、溺れかけた。

あと、石鹸もシャンプーも無かった。100円恐るべし。

楽しい入浴を終え、民宿に戻ってお楽しみの夕食です。

ホームページの写真では、こんなかんじで、

          ブ11,10-13-11

ほどほどの量かな?と。だから、昼食をバイキングにしてみたんですが。

なんと、こんなところに

         ブ11,10-13-12

刺身の盛り合わせなんぞがっ。 だーっ、さりげなく豪華ですよ。 ってか、もう無理っ。

ロンアゴさんも、「あとはお茶づけくらいしか食べれん。」というので、
「残った刺身で、鯛茶漬けはどうよ。」と提案してみたら、即食いついてきまして、

    ブ11,10-13-13

そうするってえと、毒マグロさんやタイヤ減らしくんも競って鯛茶漬け。

あんたら、そこに別腹?

さて、楽しい夕食のあとは、宴会に突入。

とりあえず、今年はたったひとりで、ブ11,10-17-16

初老を迎えちまったミセス・タオルさんを祝福。

その後、ミセス・タオルさん(今まで名字で呼んでた)を、「結婚後、なんと呼ぶのか?」会議がえんえんと
続けられ、おやっさんが笑いすぎて腹痛を起こす、無人スクーターさんが名前を呼んで照れる、などを乗り越え、
全員で名前を呼ぶ練習を終え、お開きに。ふ~。

翌朝も良いお天気。タイヤ減らしくんの雨男疑惑も完全に晴れたか?

朝食前に、昨日行けなかった「雲仙地獄」へぶらりとお散歩してみました。

                            
まだ静かな温泉街を10分も歩けば、

        ブ11,10,17-1

すぐにも地獄行きですよ。 昨日の共同温泉と同じ色ですね。

硫黄の臭いがたちこめる遊歩道を歩けば、こんな看板も。ブ11,10-17-2

無人スクーターさんは、いたいけな玉子売りのおばちゃんから、300円を150円に値切ったツワモノです。

               つづく
スポンサーサイト
  1. 2011/10/17(月) 21:25:15|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ころぬあんこ

Author:ころぬあんこ
40年近く続けてきたバイク屋を先日閉店しました。
遊ボッチというツーリングクラブのレポートを中心に書いてきたブログでしたが、お店を閉めましたので、ここからは過去に書き溜めていたツーレポをぼちぼち残していこうと思います。1992年からのものですから、私も若かったので文章が初々しい(?)
林道ツーと原付ツーはお嫁さんが書いてます。

なお、現在のツーレポは下記にリンク先で入れている「バイクで遊ボッチ」でぜひ読んでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (50)
ツーリングレポート (159)
バイク屋のこと (369)
家庭のこと (48)
主バカ ニャンコのこと (12)
昔のツーリングレポート (5)

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

シンプルアーカイブ