他力で生きている   バイク屋の女

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビンゴポイントツーリング 光市 その2

伊藤公資料館から、少し走って「光スポーツ公園」へ。

ここは、ボッチさんが見つけておいた写真部活動のほうの目的地です。

なんと、駐車場横の斜面一面に、



紫陽花の花が群れ咲いておるのですよ。

公園の方へ登る途中から脇道を入ると



道に停めたバイクを上から見下ろすアングルで写真が撮れます。

張り切って撮ろうとした私ですが、おおっと単焦点レンズ24ミリだけで登って来てたよ。
ズームレンズは、遥か下方のバイクに積んだまま。

も、今更取りに戻るのがめんどくさいというか、坂がしんどいなどと写真部としてどうなん?な理由で、そのまま撮ったのが



タイトル 「VTRを捜せ。」

残念な気持ちのまま、帰路に着きます。

今回のルート、ロンアゴさんが走った事ない場所ばっかりにしたいらしく

どうやら海沿いを行くつもりですね。

ってか、車多いは、信号多いは、楽しくなーーいっ。

下松市の手前から左折。赤いアーチ橋が見えます。写真を撮るつもりで入ったのでしょうが、残念ながら橋がきれいに写るとこが無い。(笠戸大橋というようです。)

で、せっかくなんで、橋を渡ってみようという事になりました。

渡ってすぐは、ちょっと海浜リゾートっぽい感じで、ホテルや公園がありましたが、やがて何にもなくなって、ちょっとした峠っぽい道をくねくね走ります。

すると、笠戸ドックとかいう看板が出てきて、でかい船が停泊していますよ。

この風景はなかなかいい。ですが、やっぱり写真を撮るスペースがさがせず、タラタラと走って
ほぼ一周しちゃったです。最後は漁村になったところで引き返します。

って事で、また海沿いを走って周南の、「道の駅ソレーネ周南」で休憩。





こんなお店発見。



藤井牧場直営の「titi」。

ソフトクリームは、「朝しぼりソフト」といって牧場から朝届いた牛乳を使ってるらしいっすよ。

ミルクと抹茶とミックスがあって、嬉しいことにミニサイズが有ります。



食べたいけど、あんなにはいらないって時にありがたい。

さて、この後もロンアゴさんは執念深く街中を走り続けます。自分だけDCTだからね。

周防大橋ってのを渡って、藤尾山公園って山に登り、展望台へ。

ところが、ロンアゴさんの予想に反して、ほぼ空き地。自販機なども無い。

なのでUターンして下まで下り、海沿いの「きらら浜自然観察公園」へ。





おっさん二人の「よろしく哀愁」

や、けっこう遅い時間になってきたのに、まだこんなトコロにいますよ。
サザエさん、完ぺきアウトだ。

ところが、最近のロンアゴさんはちと違いますよ。

ETC付けてから高速道路に抵抗感まるで無し。 小野田で乗って、門司までドーンと。

あとでカードの請求もドーンと来るけどね。なんにも出さないから無料っぽいのかね。

7時30分頃、ナカタ到着。

ちょっと取りづらい光市のポイントが獲れて、ほっとしましたよ。

修行のようなルートで、VFRのボッチさんには気の毒でした。お疲れ様~。
スポンサーサイト
  1. 2015/06/26(金) 12:05:59|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ころぬあんこ

Author:ころぬあんこ
40年近く続けてきたバイク屋を先日閉店しました。
遊ボッチというツーリングクラブのレポートを中心に書いてきたブログでしたが、お店を閉めましたので、ここからは過去に書き溜めていたツーレポをぼちぼち残していこうと思います。1992年からのものですから、私も若かったので文章が初々しい(?)
林道ツーと原付ツーはお嫁さんが書いてます。

なお、現在のツーレポは下記にリンク先で入れている「バイクで遊ボッチ」でぜひ読んでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (50)
ツーリングレポート (120)
バイク屋のこと (405)
家庭のこと (48)
主バカ ニャンコのこと (12)
昔のツーリングレポート (1)

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

フリーエリア

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。