FC2ブログ

他力で生きている   バイク屋の女

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四国~広島ツーリング その4

今日は朝からよく晴れてます。

こちらのホテルは無料の朝食が付いています。無料となればなおさら美味しい。






しっかり食べてスタートです。なんたって昨夜のダダコネ二次会のおかげで、昼食の時間も場所も行き当たりバッタリになってますからね。



まずはトラブラーさんオススメ(書き忘れてましたが、北九州に来る前は愛媛勤務でした。)の

来島海峡展望館へと走ります。






瀬戸内海の島々がぼんやり浮かんで絵画のようですね。


さあ、初めての「しまなみ海道」を渡り始めますよ。



とはいえバイクなので、途中のいろんな橋の形や風景を写真に残すのは面倒。目に焼き付けておきます。



さてと、いくらなんでもさーっと渡ってしまうだけでは惜しいので、これまたトラブラーさんオススメの、耕三寺見学へ。

生口島に入り、少し走ると看板がありました。そちらに曲がると、「耕三寺駐車場」というのが見えたのでまだほとんど車もいない中、停車しました。
すると、駐車場の係の人に隅っこに停めるように言われて、見ると有料!200円だそうです。



ぼちぼち耕三寺まで歩きました。


おおっと、







極彩色の門! 鮮やかですね。







中に入ってみますと、







なかなか広大なお寺です。これは1時間程度でチャチャっと見るようなかんじではないね。


ってことで拝観あきらめます。けっして1400円の入館料にびびったわけではありません。



その代わり、お隣の「平山郁夫美術館」のほうに向かいます。私としてはこちらも見たかったのでよかった。











天才画家というのは子供の頃からぜんぜん描くものが違うね。幼少よりの作品が多く展示してあるので、よーくわかりました。

原爆で被爆されたことで







仏教伝来を描くシルクロードシリーズに繋がったようです。



見終わって外に出ますと、すぐそばに耕三寺の広い無料駐車場がっ! なんてこった。200円も払って狭いナナメった場所に停めさせられたのに。いっぱい空いてますよ。



虚しさに襲われて 、その空白を埋めるべく


絵画を描く天才と違って








アップルパイをほおばるロンアゴさん。 耕三寺の前のお菓子屋さんにて購入。


しまなみ海道を全て渡って、尾道に出ました。去年尾道観光はしましたので、そのまま広島の山中に向かいます。


車も少なく 、快走。


景色のよい牧歌的な世羅高原というところを走ります。この辺りで昼食にしないと、あとはしばらく食べるところが無いらしい。

で、ロンアゴさんの勘が働いたというこちら









「せら香遊ランド」のレストラン クチーナヴェルデに入りました。



入り口で食券を買って長テーブルに座るというそっけない作りながら、








メニューのほうはなかなかどうして、美味しそうですよ。



私は






瀬戸内六穀豚のロースかつ定食という新人アナウンサー泣かせの一品。






デミトマカツ丼もトマトが効いてて美味しそうです。



そんな中、何故







尾道ラーメンをチョイス?なトラブラーさん、岡山在住でありながら。


さすがに本場とはくらべるまでもなく、だったらしいです。次回は尾道で食べたいですね。



トラブラーさんは、この後少し一緒に走ってから岡山へと向かいました。私たちはひたすら山の中をワインディングざんまい。天気も良いし最高です。


山口県に入り、道の駅「ピュアラインにしき」で休憩。








ここですでに4時です。このままではまずい。ってか薄々わかってましたが、夜遅い帰りになってしまいます。


そこで、いつもの楽しいルートは走ってからの、小郡から高速で帰宅。最近多いパターンではありますが、なんとか明日からの仕事に響かない時間に帰れましたよ。


ETCバンザイ!












そ、そうでしたー。止まらないとタダみたいな気持ちになっちゃうね。






スポンサーサイト
  1. 2017/10/13(金) 13:31:52|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ころぬあんこ

Author:ころぬあんこ
40年近く続けてきたバイク屋を先日閉店しました。
遊ボッチというツーリングクラブのレポートを中心に書いてきたブログでしたが、お店を閉めましたので、ここからは過去に書き溜めていたツーレポをぼちぼち残していこうと思います。1992年からのものですから、私も若かったので文章が初々しい(?)
林道ツーと原付ツーはお嫁さんが書いてます。

なお、現在のツーレポは下記にリンク先で入れている「バイクで遊ボッチ」でぜひ読んでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (50)
ツーリングレポート (122)
バイク屋のこと (405)
家庭のこと (48)
主バカ ニャンコのこと (12)
昔のツーリングレポート (1)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。