FC2ブログ

他力で生きている   バイク屋の女

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1992年 4月12日 クラシックカーでも見てくらしっくツーリング

ライター ころぬあんこ

4月12日。今日もお天気に恵まれ肌寒さはあるけれどツーリング日和です。
今回はおまわりさんのツーリングクラブ「F・K・R・C」の一部が別グループで参加されて、24人という大人数になりました。
8時30分出発。10号線を下ります。途中ハーレーのキメキメおじさんが列に入り込んでぎょっとしましたが、実はおまわりさんの一人だったそうです。(絶対そうは見えない。保証します。)
ウエストで、溝部さんを拾って出発。
耶馬渓から深耶馬へ、ここでまた休憩です。楠本さんが追っかけで合流しました。
玖珠から水分峠に向かい、レストハウスでおまわりさんのグループが待ち合わせというのでいったん駐車場に入りました。すごい混み様で、合流したらすぐに出発。とにかく出てすぐに必死で道端に整列します。すると、先頭の店主マサキがためらいがちに走り出し、少し先でまた停車。何か無線で連絡を取り合っているようで、どうやら誰か出遅れたみたいです。しばらく待って出発。
右に細い道を下るともう湯布院の「自動車歴史館」に到着。ちょうどお昼だったので解散し、自由行動です。
私たちは先に歴史館を見学。様々な時代のクラシックカーがずらりと並んでいて「これ知ってる!」「子供の時に見た!」の一言で年がばれちゃうひと時を過ごしました。
昼食のほうは、学生びんぼう上田君に合わせてうどんで済ませます。
ところで、食事しながらの会話の中で、さっき出遅れたのが常村さんと判明。理由は「大」の方のトイレですが、彼の弁明によりますと「あと何分?」と休憩時間を尋ねたのに対して、マサキが「30分くらい。」と湯布院までの時間を答えたらしい。
で、30分もあればとゆっくりトイレに入ってる間にみんな出発したんですね。
おまわりさんクラブがガソリンを入れるので先に出発。追い越して待っている間になんと雪が降ってきましたよ。吹雪の様に横なぐりに。4月半ばですからね。思わず記念写真。
雪はすぐにやみましたが、その後も強風は吹き続けます。足元をすくわれるくらいの風におびえながらの帰り道でした。
安心院から羅漢寺へ向かい耶馬渓で休憩。そのまま10号線を上り、ショップ着。誰も立ちごけなどせず無事でした。
皆様お疲れ様でした。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/11(日) 14:23:01|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ころぬあんこ

Author:ころぬあんこ
40年近く続けてきたバイク屋を先日閉店しました。
遊ボッチというツーリングクラブのレポートを中心に書いてきたブログでしたが、お店を閉めましたので、ここからは過去に書き溜めていたツーレポをぼちぼち残していこうと思います。1992年からのものですから、私も若かったので文章が初々しい(?)
林道ツーと原付ツーはお嫁さんが書いてます。

なお、現在のツーレポは下記にリンク先で入れている「バイクで遊ボッチ」でぜひ読んでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (48)
ツーリングレポート (157)
バイク屋のこと (369)
家庭のこと (48)
主バカ ニャンコのこと (12)
昔のツーリングレポート (5)

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

フリーエリア

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。