FC2ブログ

他力で生きている   バイク屋の女

1992年 6月のツーリング 萩

6月15日  7日の予定が雨で延期になり、でもきょうも曇り空です。天気予報も「阿蘇は雨です。」ときっぱり言い切るし、どうしようかと店主とナカタの店内で悩んでいました。
そこへ新しいバイクでうれしい内藤さんがやってきて、同時に、新しいバイクでうれしい吉川君から電話があり、「行こう、行こう。」と言うので行き先を変更することにしました。
山口方面が確率が低いということで、萩に行こうと決定。
お店の前に出てみるとジュースの自販機の陰に有門さんと日隈さんが隠れているではありませんか!
二人は店主が「私たちを見つけて迷惑そうな顔をした。」と言って責めていますよ。ちなみに店主の顔は常に迷惑そうですが。
8時過ぎに、6台で出発。関門トンネルを出て2号線を上り、すぐに左折して下関球場で休憩。ここで後追いの楠本さんを待ちます。
有門さんと日隈さんが今度は吉川君をいじめているあいだに楠本さんが到着。
山に入ってくねくねカーブをしばらく走り、川棚温泉から先で海側の191号に出ました。このあたりからすっかり晴れて気分爽快。
町のあちらこちらに紫陽花の花が咲きこぼれているのが印象的でした。
萩での目的は釜飯! 店主とグルメ朱美ちゃんが発見したお店に直行です。
ウニやホタテの釜飯を食べてから小京都、萩を軽く散策。この時も有門さんは店主が犬のふんを踏んだと言いがかりをつけ、いじめていましたよ。真正の女王様か。
かなり空が暗くなってきたので、急いで帰ることに。途中パラパラッときてはすぐにやむという繰り返しで、レインスーツを着るのを迷っている間にもうすぐ下関です。私と有門さん、内藤さんはレインスーツを着ましたが、絶対着ない主義の楠本さんは着ません。
下関からけっこう降ってきて、北九州では本降りになったけどまだ着ません。こうなるともう意地か宗教か?
5時半頃、モトショップナカタ着。到着したとたん、ニュー・バイクを洗車する吉川君の姿が感動的でもあり、また物悲しくもあり。

雨でもがんばったね。お疲れさまでした。次回もよろしくね。
スポンサーサイト
  1. 2018/12/20(木) 09:04:57|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ころぬあんこ

Author:ころぬあんこ
40年近く続けてきたバイク屋を先日閉店しました。
遊ボッチというツーリングクラブのレポートを中心に書いてきたブログでしたが、お店を閉めましたので、ここからは過去に書き溜めていたツーレポをぼちぼち残していこうと思います。1992年からのものですから、私も若かったので文章が初々しい(?)
林道ツーと原付ツーはお嫁さんが書いてます。

なお、現在のツーレポは下記にリンク先で入れている「バイクで遊ボッチ」でぜひ読んでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (49)
ツーリングレポート (159)
バイク屋のこと (369)
家庭のこと (48)
主バカ ニャンコのこと (12)
昔のツーリングレポート (5)

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

シンプルアーカイブ