他力で生きている   バイク屋の女

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1992年 5月の一泊ツーリング 高千穂 その2

本日の夕食は屋外のテラスでバーベキュー大会。お肉がすごい量で、さらにおにぎりにお醤油をつけて焼いたりして満腹です。
ペンションにはうちとは別に二人の泊り客がいて、それが若い女性だったのでむりやり誘って一緒に食事をしました。(知らずに宿の奥さんは二人をさがしてたそうな。すみません。)
食後はこの二人も誘ってゲーム大会です。ビールとかっぽ酒でかなり性格が盛り上がってしまったKさんやNさんはもう大騒ぎ。
「あずきひろい」「輪ゴム渡し」などのゲームは口ばっかり達者ですよ。
賞品を配り終えるとなんともう9時。みなさん、夜神楽が見れなくなってごめんなさい。
夜も更けると各部屋ごとにミニ宴会があっていたようで、若者部屋のテーマが「神について」とかだったのに対し、若中年のほうは下ネタ大爆発といった体たらくだったようです。
翌朝6時、起きれた人だけで国見ケ丘に雲海を見に行きました。季節柄雲海は出てませんが、それでも朝霧で山々がベールをまとったように霞む様は神秘的でした。しかし早起きのせいで寝起き爆発ヘアのノーメイクの私もある意味神秘だったようです。ふふっ。
記念撮影のあと、ペンションを出発。波野村でスズランの花見物です。が、少し季節が早くわずかに一株のみ花をつけているだけでした。
ミルクロードは快調に走って、やまなみハイウェイから(料金所は避けて)瀬の本。休憩を長者原のレストハウスで取ります。
日程が5~6日だったのが幸いしてここも混んでません。
玖珠のレストランで昼食。その後深耶馬渓へ向かう道すがら、クレーン車につながれた大きな鯉のぼりが泳いでいるのを発見。
玖珠は童話の里ということで、こどもの日に合わせた行事で毎年やっているそうです。
深耶馬渓で休憩。その後椎田のウエストで休憩してから10号線をひたすら上ります。ところが行橋バイパスの中でなんと雨!
あれほど晴れると誓ってくれた天気予報のバカっ、バカっとののしっていましたら小倉に入ったあたりでやみました。
全員無事にモトショップナカタ到着。これが一番うれしいですね。みなさんお疲れ様でした。
次は10月の平戸です。よろしくね!
スポンサーサイト
  1. 2018/05/02(水) 13:52:33|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 1992年 5月の一泊ツーリング 高千穂>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sebuseburin.blog2.fc2.com/tb.php/672-01f1bb74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ころぬあんこ

Author:ころぬあんこ
40年近く続けてきたバイク屋を先日閉店しました。
遊ボッチというツーリングクラブのレポートを中心に書いてきたブログでしたが、お店を閉めましたので、ここからは過去に書き溜めていたツーレポをぼちぼち残していこうと思います。1992年からのものですから、私も若かったので文章が初々しい(?)
林道ツーと原付ツーはお嫁さんが書いてます。

なお、現在のツーレポは下記にリンク先で入れている「バイクで遊ボッチ」でぜひ読んでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (50)
ツーリングレポート (122)
バイク屋のこと (405)
家庭のこと (48)
主バカ ニャンコのこと (12)
昔のツーリングレポート (1)

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。