FC2ブログ

他力で生きている   バイク屋の女

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1992年 4月5日 林道さがしツーリング 

ライター  おかみ一刀さん   オフロード担当

先日までの雨で、半ばあきらめていた今回のツーリングも、朝起きてみるとピーカンとまではいかないまでも路面は乾いているし、まずまずのコンディション!!これなら行けるかな…?お店の前で待っていると、一人、二人…もう一人は香春で待ち合わせ。
総勢五人。目指すは「田主丸・鷹取山」。
午前中は林道をパスしてひたすら走る、走る。空気が思いのほか冷たくて休憩の度に「寒いネ、手が冷たいネー。」約一名は「おなかがすいたネー。早くお昼ごはん食べた~い。」
台数が少なかったので途中信号などで列が切れる事もなく無事鷹取山に到着!!くねくねと峠道を登っていくと途中桜の花がたくさん咲いていてお花見の家族連れがたくさん!!林道にも桜が咲いているといいなーなどと考えながら走っていると「やったー!ダートだ!!」と思ったのも束の間の、あっという間に舗装路になってしまい、山の中をぐるぐる走り回ったのですが地図に載っていた林道はほとんど舗装化されてしまい、残っていたのは深い砂利の道だけでそのうえ下りのくねくね道という悲しい結果になってしまいました。気を取り直してお昼ご飯を食べ、「記念写真でも撮ろうか」「あそこの石碑の前で写そう!」
ワイワイガヤガヤ歩いていくと、ひとりのおじさんが景色をながめていたのですが、その時です。
突然「ブーッ」とものすごい音。写真に写るために石碑の上に飛び乗ろうとした人がいて、あまりにタイミングが良かったので、おじさんがしたのかその人がしたのかわからずじまい。みんな大声で笑いたいのをこらえていたので口のまわりの筋肉が痛いのなんのってもう大変でした。
石碑に飛び乗った人曰く「俺じゃないよー。絶対あのおじさんがしたにきまっとるやろー。」との事でしたが、おじさんの態度があまりにあっけらかーんとしているので「やっぱり○○君やね。」と信じてもらえずかわいそうでした!!
帰りは寺内ダム沿いの林道と陣屋ダム沿いの林道・味見峠  母原林道とたくさんの林道で前日に雨が降った割には走りやすくてなかなかおもしろいツーリングでした!!
  1. 2017/12/28(木) 20:02:10|
  2. 昔のツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1992年3月22日 能古島はどこのしま?ツーリング

ライター ころぬあんこ

今年の遊ボッチツーリングはお天気に恵まれていて、きょうも快晴です。今回は初めて参加という人が多く、集合時間がよ~く守られました。
若戸大橋を通り、海側の道を走ります。それから新緑の田園風景を楽しみ、峠をひとつ越えて宗像大社で休憩。ツーリングははじめてというおかあさんライダーの伊東さんはちょっとしんどそうです。がんばってね。
福岡の街は都市高速でカットして、整った住宅街を抜け、フェリー乗り場に12時過ぎに着きました。ところがフェリーは今、出発するところでした。
次の便まで約1時間待ち!思わず「呼び込みのおばちゃん」に負けて500円の「海上タクシー」なるものを利用してしまったのですが、この船が怖いわ、速いわ、波しぶきをドバーッと上げてフェリーに追いついてしまいました。
行楽日和で人が多く、しばらくバス待ちをしてようやく「アイランドパーク」へ到着。800円の入場料にのけぞりつつ、ぞろぞろと菜の花ゾーンへと進みました。
青い海に向かって黄色の菜の花畑が広がる見事なコントラストを前に、それぞれお弁当を取り出し、昼食を楽しみました。
初参加の長井君と片山君は19歳と若いけど、常連の村上君21歳と合わせて「老け顔トリオ」と命名されましたとさ。めでたし、めでたし(何が?)
帰りのフェリーを待っていたら、さっきの「呼び込みのおばちゃん」が寄ってきて店主の正樹に
「兄ちゃん、迎えに来たよー。」
と、言いました。とんでもないおばちゃんです。今度は安いフェリーに乗らせていただきます。
帰路は八木山峠を越えて飯塚市へ抜けました。烏尾峠がかなりの渋滞でつらかった。
香春町で休憩。私は子供に「たこやき」を買いました。
19時、無事にモトショップナカタに到着。お疲れ様。楽しかったですね。
  1. 2017/12/07(木) 16:54:09|
  2. 昔のツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふつうのおばさんライダーのブログ

ようやく新しいブログを作りました。
よかったら読んでください。

バイクで遊ボッチ

んで、このブログももったいない(´∀`*;)ゞので、

遊ボッチ黎明期1992年からのツーレポをそのまま載せていこうかと。懐かしい方、当時はお子ちゃまだった方もいらっしゃると思います。
ずぼらなので少しづつ書いてみます。よろしくです。
  1. 2017/12/01(金) 00:08:17|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご報告があります。

長らくご愛読いただいた拙いブログですが

モトショップナカタの閉店に伴い、本日終了させていただきます。


バイク屋は約40年、ブログのほうは7年。良いお客様に支えられて続けることができました。


今後はふつうのおばさんになって、元お客様たちとツーリングを続けて
ラストあたりでは、モンパル改で暴走ババアとして恐れられる存在になりたい。

11月4日の夜、お詫びと今後の件をお伝えするべくミーティングを開催いたしました。



              IMG_4896.jpg


たくさんのメンバーが忙しい中集まってくれて、うれしい悲鳴。まさかタダ飯につられたんじゃあるまいね。


お花もいっぱいいただいて


            IMG_4900.jpg


厚化粧したワタシのようなカウンターに。


思い出をたくさん語って、これからも末永くお付き合いをお願いして




                      mi-te1.jpg


お店の前で、集合写真を撮らせていただきましたよ。

てへへ、初の顔出しです。


IMG_4882.jpg



                        IMG_4886.jpg

や、母ちゃんは妖怪じゃあないから。


では、今後はふつうの妖怪、じゃなくておばさんライダーとしてツーリングブログを書きたいと思います。
準備ができたらまたご連絡しますね。

みなさんありがとうございました。


          

  1. 2017/11/08(水) 20:41:05|
  2. バイク屋のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

四国~広島ツーリング その4

今日は朝からよく晴れてます。

こちらのホテルは無料の朝食が付いています。無料となればなおさら美味しい。






しっかり食べてスタートです。なんたって昨夜のダダコネ二次会のおかげで、昼食の時間も場所も行き当たりバッタリになってますからね。



まずはトラブラーさんオススメ(書き忘れてましたが、北九州に来る前は愛媛勤務でした。)の

来島海峡展望館へと走ります。






瀬戸内海の島々がぼんやり浮かんで絵画のようですね。


さあ、初めての「しまなみ海道」を渡り始めますよ。



とはいえバイクなので、途中のいろんな橋の形や風景を写真に残すのは面倒。目に焼き付けておきます。



さてと、いくらなんでもさーっと渡ってしまうだけでは惜しいので、これまたトラブラーさんオススメの、耕三寺見学へ。

生口島に入り、少し走ると看板がありました。そちらに曲がると、「耕三寺駐車場」というのが見えたのでまだほとんど車もいない中、停車しました。
すると、駐車場の係の人に隅っこに停めるように言われて、見ると有料!200円だそうです。



ぼちぼち耕三寺まで歩きました。


おおっと、







極彩色の門! 鮮やかですね。







中に入ってみますと、







なかなか広大なお寺です。これは1時間程度でチャチャっと見るようなかんじではないね。


ってことで拝観あきらめます。けっして1400円の入館料にびびったわけではありません。



その代わり、お隣の「平山郁夫美術館」のほうに向かいます。私としてはこちらも見たかったのでよかった。











天才画家というのは子供の頃からぜんぜん描くものが違うね。幼少よりの作品が多く展示してあるので、よーくわかりました。

原爆で被爆されたことで







仏教伝来を描くシルクロードシリーズに繋がったようです。



見終わって外に出ますと、すぐそばに耕三寺の広い無料駐車場がっ! なんてこった。200円も払って狭いナナメった場所に停めさせられたのに。いっぱい空いてますよ。



虚しさに襲われて 、その空白を埋めるべく


絵画を描く天才と違って








アップルパイをほおばるロンアゴさん。 耕三寺の前のお菓子屋さんにて購入。


しまなみ海道を全て渡って、尾道に出ました。去年尾道観光はしましたので、そのまま広島の山中に向かいます。


車も少なく 、快走。


景色のよい牧歌的な世羅高原というところを走ります。この辺りで昼食にしないと、あとはしばらく食べるところが無いらしい。

で、ロンアゴさんの勘が働いたというこちら









「せら香遊ランド」のレストラン クチーナヴェルデに入りました。



入り口で食券を買って長テーブルに座るというそっけない作りながら、








メニューのほうはなかなかどうして、美味しそうですよ。



私は






瀬戸内六穀豚のロースかつ定食という新人アナウンサー泣かせの一品。






デミトマカツ丼もトマトが効いてて美味しそうです。



そんな中、何故







尾道ラーメンをチョイス?なトラブラーさん、岡山在住でありながら。


さすがに本場とはくらべるまでもなく、だったらしいです。次回は尾道で食べたいですね。



トラブラーさんは、この後少し一緒に走ってから岡山へと向かいました。私たちはひたすら山の中をワインディングざんまい。天気も良いし最高です。


山口県に入り、道の駅「ピュアラインにしき」で休憩。








ここですでに4時です。このままではまずい。ってか薄々わかってましたが、夜遅い帰りになってしまいます。


そこで、いつもの楽しいルートは走ってからの、小郡から高速で帰宅。最近多いパターンではありますが、なんとか明日からの仕事に響かない時間に帰れましたよ。


ETCバンザイ!












そ、そうでしたー。止まらないとタダみたいな気持ちになっちゃうね。






  1. 2017/10/13(金) 13:31:52|
  2. ツーリングレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

ころぬあんこ

Author:ころぬあんこ
40年近く続けてきたバイク屋を先日閉店しました。
遊ボッチというツーリングクラブのレポートを中心に書いてきたブログでしたが、お店を閉めましたので、ここからは過去に書き溜めていたツーレポをぼちぼち残していこうと思います。1992年からのものですから、私も若かったので文章が初々しい(?)
林道ツーと原付ツーはお嫁さんが書いてます。

なお、現在のツーレポは下記にリンク先で入れている「バイクで遊ボッチ」でぜひ読んでください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (48)
ツーリングレポート (158)
バイク屋のこと (369)
家庭のこと (48)
主バカ ニャンコのこと (12)
昔のツーリングレポート (5)

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

フリーエリア

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

シンプルアーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。